コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キノー Quinault, Philippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノー
Quinault, Philippe

[生]1635.6.4. パリ
[没]1688.11.26. パリ
フランスの詩人,劇作家。幼い頃から詩人トリスタン・レルミットの召使となり,また法律も学ぶが演劇に興味をもち,第1作で早くも好評を博した。喜劇,悲劇などの作品を数多く発表したが,いずれも平凡の域を出ず,モリエールにすすめられ抒情悲劇の創作に転向する。 1673年以後作曲家リュリと組み,オペラアルセスト』 Alceste (1674) ,『プロゼルピナ』 Proserpina (80) ,傑作といわれる『アルミッド』 Armide (86) を世に出した。悲劇作家としては凡庸であったが,大がかりな舞台装置,機械仕掛け,ダンスを使用したオペラの真の創始者として名をとどめている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キノー【Philippe Quinault】

1635‐88
フランスの劇作家。1658年に悲喜劇《いつわりのアルシビアド》で登場し,コルネイユの英雄悲劇にかわる恋愛悲劇の流行に乗じ,65年の《アストラート》で大成功を博した。ただしボアローが批判するように,ロマネスクな作風は古典劇の理想とは遠い。同年その喜劇の代表作《浮気な母親あるいは恋人騒動》を書く。《ポーザニアス》(1688)や《ベレロフォン》(1671)の哀傷的な悲劇を書く一方,オペラの台本作家として活躍。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キノー
きのー
Philippe Quinault
(1635―1688)

フランスの劇詩人。初めロマネスクな悲喜劇、悲劇を気どった文体で書いて好評を博した。悲劇『アストラート王』、喜劇『浮気な母親』(ともに1665)はとくに成功を収めたが、やがてオペラに転じ、作曲家リュリに数々の脚本を提供しフランス・オペラに一つの型をつくった。オペラ台本の代表作に『アルセスト』(1674)、『アルミード』(1685)などがある。[伊藤 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キノーの関連キーワードボリス アクーニン電子伝達系阻害剤ヒューロン[湖]バディ クラークナガサキノートコート(衣服)デュ・サーブル交感神経興奮薬ミシガン[湖]ヒドロキノンヒューロン湖気管支拡張剤希ガス化合物山口仙二さんフランス演劇マキノー水道オキシコドンミシガン湖過酸化水素ブラッグ鉱

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android