コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新旧論争 しんきゅうろんそう querelle des anciens et des modernes

4件 の用語解説(新旧論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新旧論争
しんきゅうろんそう
querelle des anciens et des modernes

17世紀末から 18世紀初めにかけて,古代文学近代文学の優劣をめぐってフランスで行われた論争。「古代派・近代派論争」ともいう。 16世紀中頃以降,古代の権威は絶対であったが,デカルト以後はこれに疑いをいだく者も多く,17世紀末にいたって古代人の優越性に対する反駁が C.ペローによって行われ,ボアローがそれに対抗して大論争が起った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新旧論争【しんきゅうろんそう】

17世紀末―18世紀初頭にフランスで行われた文学論争で3期に分かれる。古代文学(ギリシアローマ)と近代文学の優劣について,古代派のボアローラ・フォンテーヌラ・ブリュイエール,近代派のペローフォントネルらが論争した。
→関連項目フェヌロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんきゅうろんそう【新旧論争】

17世紀末から18世紀初頭にかけてフランスの文壇で行われた論争。古代近代論争とも呼ばれ,2期に分かれる。前期は1687年ペローの国王の頌詩《ルイ大王の世紀》に端を発し,ギリシア・ラテンの古典と当代のフランス文学の優劣をめぐって,ペロー,フォントネル等の近代派と,ボアローを中心とするラ・フォンテーヌラ・ブリュイエール等の古代派が対立。94年にアルノーの仲介によって両派が和解する。後期は1713年のホメロス論争で,ウダール・ド・ラ・モットの《イーリアス》仏訳が原典を傷つけるとして,古典学者ダシエ夫人が攻撃し,再び文壇で古代派と近代派が対立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新旧論争
しんきゅうろんそう
Querelle des Anciens et des Modernes

17世紀末から18世紀初頭にかけてフランスで行われた文学上の大論争。ルネサンス以来、古代崇拝が一般的な風潮であったが、しだいに目覚めつつあった近代精神がこの風潮に疑問を抱き始めたために生じた論争で、たとえばデマレ・ド・サン・ソルランJean Desmarets de Saint-Sorlin(1595―1676)は自作の劇がウェルギリウスの『アエネイス』に匹敵するものだと主張し、また、フォントネルは古代人を嘲笑(ちょうしょう)した。1687年1月、ペローがその詩『ルイ大王の世紀』で、ルイ14世治下の文学が古代に劣らないと歌うに及んで、ボアロー、ラ・フォンテーヌ、ラ・ブリュイエールとの間に激しく論戦が繰り広げられた。1691年フォントネルのアカデミー入りで、一時近代派は優位にたったが、古代派もすぐに盛り返した。しかし、フェヌロンが『アカデミーへの手紙』(1716刊)を発表し、ようやく両派を和解させた。長期にわたったこの論争は、18世紀の文学と思想の下地をつくったという点において、大きな意義をもつものであった。[窪田般彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新旧論争の言及

【ボアロー】より

…1674年に《詩法》《ロンギノス悲壮美論翻訳》などが公刊され,文学理論家としての名声を確保した。77年ラシーヌとともに国王の修史官となったが,文学活動は続け,特に87年以降ペロー兄弟,フォントネルらと激しい〈新旧論争〉を交わし,古代派のチャンピオンとして《ロンギノス考》(1694‐1713)を著した。晩年隠退したが古典主義大作家の最後の生残りとして敬われ,また批評家である自分がラシーヌ,モリエール,ラ・フォンテーヌらを指導したという伝説を作り出した。…

※「新旧論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新旧論争の関連キーワードカラッチサフィ独占資本主義カロリングルネサンスアラード要塞シナイア修道院フラスカーティБургасロスハウスデ・タム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone