コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバチ キバチSiricidae; horntail; wood wasp

3件 の用語解説(キバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバチ
キバチ
Siricidae; horntail; wood wasp

膜翅目キバチ科に属する昆虫の総称。中~大型のハチで,体は円筒形で腹部の基部にくびれがない。触角は糸状または棒状。頭部は胸部と同幅。腹部は長く,腹端に角状の突起があり,英名はこの特徴に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キバチ

膜翅(まくし)目キバチ科およびその近縁の数科の昆虫の総称。最も原始的なハチの一群で,体長10〜30mm。いずれも材木に穴をあける害虫で,成虫になるまでに数年を要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバチ
きばち / 樹蜂・独脚蜂
horntailswoodwasps

昆虫綱膜翅(まくし)目広腰亜目キバチ科Siricidaeの昆虫の総称。世界に約90種、日本には7属13種が知られている。クビナガキバチ科とともにキバチ上科Siricoideaを形成し、キバチ亜科Siricinaeとヒラアシキバチ亜科Tremecinaeに分けられる。
 大きさは栄養条件によって変化するが、大形種が大部分で、体長2センチメートル以上である。体形は円筒形で、腹端の節はとがっていて、雌では針状の長い産卵管をもつ。枯れ木や衰弱木に産卵し、幼虫は材中に穿孔(せんこう)して生活するので、樹木の害虫である。産卵時に腹腔(ふくこう)内にある袋に蓄えた木材腐朽菌の胞子を材に植え付けるので、樹木の損傷が激しい。幼虫はこの菌によって腐った材を食うと思われるが、真の食性は確かめられていない。普通は1世代1年かかるが、ときには2~3年かかることもある。
 幼虫の食性は、キバチ亜科では針葉樹、ヒラアシキバチ亜科では広葉樹である。日本で被害のもっとも大きいものはマツ類に穿孔するニトベキバチであるが、いわゆる松くい虫の被害の陰に隠れて、その実態はよくわからない。オーストラリア、ニュージーランドでは、侵入種ノクチリオキバチが、日本の松くい虫のように、ラジアタマツに大きな被害を与えている。近年、日本でも外国から材木の輸入が増大し、外来のキバチ類が発見されることが多くなっており、ときには屋内でみつかることもある。また、山林の労務者が減少してスギやヒノキの植林地の手入れが不十分なため、ニホンキバチやオナガキバチが増え、磨き丸太などに被害が増えている。[奥谷禎一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キバチの関連情報