コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバナノアマナ(英語表記)Gagea lutea (L.) Ker‐Gawl.

世界大百科事典 第2版の解説

キバナノアマナ【Gagea lutea (L.) Ker‐Gawl.】

北海道の原野で春一番を飾る,黄花の美しいユリ科の多年草(イラスト)。ユーラシアの冷温帯,亜寒帯に広く分布し,日本では本州,四国にも産するが東北日本以外ではごくまれである。鱗茎は卵形,直径1cm。葉は地表面に1枚だけ展開し,線形。春先1本の花茎を伸ばし,頂端に散形花序をつける。花茎は高さ15~22cmで,5~10個の花をつける。花柄は束生し大きさの不ぞろいな2枚の苞葉につつまれる。近縁のチシマアマナ属Lloydiaは,苞葉が離れてつく点で異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバナノアマナ
きばなのあまな / 黄花甘菜
[学]Gagea lutea (L.) Ker-Gawl.

ユリ科の多年草。典型的な早春植物の一種。鱗茎(りんけい)は径約1センチメートルで球形。幼植物は葉を1枚のみ出す。成熟個体の根出葉は、長さ15~30センチメートル、幅0.5~1センチメートルで、全体に軟毛がある。花茎は高さ15~20センチメートルとなり、花序の基部に2枚以上の包葉をつける。下部の1枚は披針(ひしん)形、大形で3~6センチメートルあるが、上部のものは小形で線状披針形。4~5月にやや散形の花序に数個の鮮黄色の花をつける。果実はやや円形で稜(りょう)がある。北海道、本州北部の温帯林の林床に多く、本州西部、四国にまれに分布し、ユーラシア大陸に広く分布する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android