コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キム キム Kim, Roman Nikolaevich

3件 の用語解説(キムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キム
キム
Kim, Roman Nikolaevich

[生]1899.8.1. ウラジオストク
[没]1967. モスクワ
ソビエト連邦の小説家。父は朝鮮の亡命政治家。幼年時代を日本で過ごし,慶應義塾普通部に学んだ。 1917年帰国し,ウラジオストク大学を卒業。 1923年から文学活動を始め,主として実話に取材した政治的な推理小説を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

キム

女子体操競技の技の名。床競技の技(後方抱え込み2回宙返り)、段違い平行棒の技(開脚背面飛びでバーを飛び越えずに切り返して開脚前方宙返り両逆手握り懸垂)、跳馬の技(ツカハラ跳び1回ひねり)がある。名称はいずれも、モントリオールオリンピック(1976年)団体総合などで金メダルを獲得した旧ソ連の体操選手、ネリー・キムから。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キム
きむ
Роман Николаевич Ким Roman Nikolaevich Kim
(1898―1968)

ソ連の作家。朝鮮の亡命政治家の子としてウラジオストクに生まれ、日本へ留学。慶応義塾普通部2年まで在日。革命の年(1917)に帰国、極東大学を終え、日本語日本文学を教え、スペイン内戦および第二次世界大戦に参加。戦後『広島の娘』(1954)で文壇にデビュー。その後『読後焼却のこと』『特務機関』『枕(まくら)の下のコブラ』(ともに1962)などスパイ小説を書いた。芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)など日本文学の翻訳もある。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キムの関連キーワードウラジオストク浦塩斯徳ラジオ 基礎英語1ラジオ3ラジオ ラジオ英会話ラジオスターの悲劇鷹の巣展望台ウラジオストク・ビエンナーレウラジオストク要塞(ようさい)ウラジオストク協約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キムの関連情報