キャンプ・デービッド合意(読み)キャンプデービッドごうい

百科事典マイペディアの解説

キャンプ・デービッド合意【キャンプデービッドごうい】

1978年9月カーター米大統領の仲介でサーダートエジプト大統領とベギンイスラエル首相が米国のキャンプ・デービッドで交わした和平合意。中東和平の枠組みとエジプト・イスラエル平和条約の枠組みからなる。後者にもとづいて1979年両国は平和条約を締結,1982年にはシナイ半島のエジプト返還が実現した。しかし,前者においてはパレスティナの民族独立権や交渉参加権にふれていなかったためアラブ諸国は反発。エジプトはイスラエルとの単独和平を進める結果となり,アラブ連盟の資格を停止され(1990年復帰)孤立した。また,サーダート大統領はイスラム・ジハード団に暗殺された。しかし,この時に謳われた〈領土と平和の交換〉は,その後の1991年のマドリード和平プロセスの大原則となった。→パレスティナ問題
→関連項目イスラエルエジプトガリリクード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android