コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャーティプ・チェレビー キャーティプ・チェレビーKâtip Çelebî

1件 の用語解説(キャーティプ・チェレビーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャーティプ・チェレビー
Kâtip Çelebî

[生]1609. イスタンブール
[没]1658. イスタンブール
オスマン帝国の思想家,歴史家。本名 Mustafa,別名ハッジ・ハリーフェ Hacı Halîfe。トルコ思想界の西欧化の先駆者といわれる。 14歳でオスマン宮廷に出仕し,財政・経理関係の従軍書記としてイランなど東方諸国を見聞。イスラム諸国の文献を収集するかたわらアラビア語ラテン語を修め,地理学,歴史学,数学,天文学など幅広く研究した。アラビア語,トルコ語による多数の著書がある。代表作,『歴史の暦』 Takvîm-i Tevârîh,『世界の鏡』 Cihannümâ,『書誌学的百科全書』 Kashf al-Ẓunūn。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キャーティプ・チェレビーの関連キーワード自己株式色覚カブラル徳川氏首相指名ウイグル自治区新疆ウイグル自治区C56あたごJALエクスプレス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone