コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウリ(胡瓜) キュウリCucumis sativus; cucumber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュウリ(胡瓜)
キュウリ
Cucumis sativus; cucumber

ウリ科の一年生つる植物。インド原産であるが世界各地で広く栽培される。若枝が変化した巻ひげでからみつく。全体に粗毛がある。互生の葉は掌状に浅く裂け,長さ8~15cm。雌雄同株。夏,黄色の単性花を開く。雄花は3個のおしべを,雌花は花の下に長い子房をもつ。果実は円柱形の液果で,熟すると黄色になる。じかまきのほか,温室促成栽培,抑制栽培などで年間を通じて収穫する。品種も多く緑色果実の聖護院青長,落合,半白果実の淀,馬込などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュウリ【キュウリ(胡瓜) cucumber】

ウリ科のつる性一年草(イラスト)。キュウリは〈黄瓜〉の意で,成熟したときの色にちなみ,〈胡瓜〉はその来歴を示す。インドのヒマラヤ山系地帯の原産で,今では世界中の温暖地で栽培される。日本へは10世紀より前に中国から伝えられたが,19世紀に至るまで普及しなかった。明治になってガラスや油障子フレームが利用され,しだいに各地に栽培が広まった。第2次世界大戦後はビニルハウスの利用も加わって周年栽培が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキュウリ(胡瓜)の言及

【ウリ(瓜)】より

…ウリは広義にはウリ科に属する栽培植物(ウリ類)やその果実の総称であるが,狭義にはマクワウリ(イラスト),メロン(イラスト),シロウリキュウリ(イラスト)などを含むキュウリ属の果実を指す。ウリ類の果実は,多肉・多汁な果肉を有するものが多いので,食用としての利用価値が高い。…

【河童】より

…腕に関しては,伸縮自在だとか,抜けやすいとか,左右通り抜けだとかいった奇妙な伝承が目立ち,また人の尻を抜くといわれる。キュウリが河童の好物と考えられており,水神祭や川祭の時にはキュウリを供えて水難などの被害がないことを祈る。 河童は,川で遊ぶ子どもを溺死させたり,馬を川へ引きずり込んだり,田畑を荒らしたり,人に憑(つ)いて苦しめたりするといった恐ろしい属性をもつ反面,間抜けないたずら者という側面もあり,相撲を好み,人間に負けて腕を取られたり,人間に捕らえられて詫証文を書かされたり,命を助けてもらったお礼として人間に薬の製法を教えたりもする。…

※「キュウリ(胡瓜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュウリ(胡瓜)の関連キーワード木瓜(もこう)ウリ科

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android