コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュンメル Kümmel

翻訳|Kümmel

大辞林 第三版の解説

キュンメル【Kümmel】

キャラウェーの実を精製アルコールにつけ、糖分を加えた香味の強い無色の酒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュンメル【Kümmel[ドイツ]】

リキュールの一種。名称はヒメウイキョウ(キャラウェーcaraway)のドイツ語。キャラウェーの香りが強い無色ので,ほかにコリアンダー,アニス,レモンなどの香味を精製アルコールに配合してある。初めバルト海岸のリガで造られ,オランダ,フランスおよび北ヨーロッパに普及した。香りの強さや,アルコール分,糖分の含有量によって次の三つのタイプがある。ベルリン・キュンメルはベルリン,グダンスク,ロストクなどでの製品で,糖分10~20%,アルコール分40%。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

キュンメル【Kümmel(ドイツ)】


キャラウェイ(セリ科の一・二年草。乾燥種子を香辛料とする)をスピリッツに浸漬して蒸留、加糖してつくるリキュール。オランダ、ドイツ、ロシア、ベルギーなどでつくられる。無色透明で、アルコール度数は40~60度。◇ドイツ語で「キャラウェイ」の意。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュンメル
きゅんめる
Kmmelドイツ語

キュンメルはキャラウェーcaraway(ヒメウイキョウ)のドイツ語で、その香りをもつ無色のリキュールである。最初はロシアでつくられ、辛口であったが、フランスに渡って甘口になった。現在はおもにロシア、フランス、ドイツでつくられている。製法は、キャラウェーをスピリッツに浸漬(しんし)し、のち蒸留してエッセンスを集め、それに糖分を加えてつくる。キャラウェーのほかにコリアンダー、レモンなどのエッセンスを加えることもある。
 キュンメルには次の三つのタイプがある。
(1)アラッシュキュンメル アラッシュとは帝政ロシア時代の貴族の荘園(しょうえん)の名である。ロシアンキュンメルともいう。アルコール分45%、糖分30%。
(2)ベルリンキュンメル ジャーマンキュンメルともよばれる。アルコール分40%、糖分10~20%。
(3)アイスキュンメル 別名クリスタルキュンメル。アルコール分が強く、砂糖が結晶となって瓶の内側に付着していることから、この名がある。アルコール分50~60%、糖分約20%。[原 昌道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

キュンメル

生年月日:1874年8月22日
ドイツの東洋美術研究家
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

キュンメルの関連キーワード生年月日