コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュンメル Kümmel

翻訳|Kümmel

5件 の用語解説(キュンメルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

キュンメル【Kümmel】

キャラウェーの実を精製アルコールにつけ、糖分を加えた香味の強い無色の酒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

キュンメル

 キャラウエイの香りのする無色のリキュール

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キュンメル【Kümmel[ドイツ]】

リキュールの一種。名称はヒメウイキョウ(キャラウェーcaraway)のドイツ語。キャラウェーの香りが強い無色の酒で,ほかにコリアンダーアニスレモンなどの香味を精製アルコールに配合してある。初めバルト海岸のリガで造られ,オランダフランスおよび北ヨーロッパに普及した。香りの強さや,アルコール分,糖分の含有量によって次の三つのタイプがある。ベルリンキュンメルはベルリン,グダンスク,ロストクなどでの製品で,糖分10~20%,アルコール分40%。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飲み物がわかる辞典の解説

キュンメル【Kümmel(ドイツ)】


キャラウェイ(セリ科の一・二年草。乾燥種子を香辛料とする)をスピリッツに浸漬して蒸留、加糖してつくるリキュール。オランダ、ドイツロシアベルギーなどでつくられる。無色透明で、アルコール度数は40~60度。◇ドイツ語で「キャラウェイ」の意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュンメル
きゅんめる
Kmmelドイツ語

キュンメルはキャラウェーcaraway(ヒメウイキョウ)のドイツ語で、その香りをもつ無色のリキュールである。最初はロシアでつくられ、辛口であったが、フランスに渡って甘口になった。現在はおもにロシア、フランス、ドイツでつくられている。製法は、キャラウェーをスピリッツに浸漬(しんし)し、のち蒸留してエッセンスを集め、それに糖分を加えてつくる。キャラウェーのほかにコリアンダー、レモンなどのエッセンスを加えることもある。
 キュンメルには次の三つのタイプがある。
(1)アラッシュキュンメル アラッシュとは帝政ロシア時代の貴族の荘園(しょうえん)の名である。ロシアンキュンメルともいう。アルコール分45%、糖分30%。
(2)ベルリンキュンメル ジャーマンキュンメルともよばれる。アルコール分40%、糖分10~20%。
(3)アイスキュンメル 別名クリスタルキュンメル。アルコール分が強く、砂糖が結晶となって瓶の内側に付着していることから、この名がある。アルコール分50~60%、糖分約20%。[原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュンメルの関連キーワードヒメウイキョウ茴香精スロージン姫茴香リキュールグラス果実の酒用ブランデー入りリキュールサントリーリキュール ジャポネ<桜>サントリーリキュール ジャポネ<抹茶>サントリーリキュール スクエア

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone