コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョンジュ(慶州)市 キョンジュKyǒngju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョンジュ(慶州)〔市〕
キョンジュ
Kyǒngju

大韓民国(韓国),キョンサンプク(慶尚北)道の南東部にある市。1955年市制。テベク(太白)山脈とトハム(吐含)山地に挟まれたキョンジュ盆地にある。古くは辰韓の斯盧国の地で,三国時代,統一時代を通じて新羅の王都であった。高麗時代にはトンギョン(東京)が,李氏朝鮮(→朝鮮王朝)でも慶尚道の観察使営が置かれて,ヨンナム(嶺南)地方の行政,文化の中心であった。1661年観察使営がテグ(→テグ〈大邱〉直轄市)に移ったために,地方的な中心地にとどまる。盆地と周辺の山地に多数の遺跡があり,市の全域が国立公園に指定されている。王城跡,山城跡のほか武烈王の王陵(武烈大王陵)など多数の古墳がある(→慶州古墳群)。仏教の隆盛を伝える史跡,文化財も多い。2000年キョンジュの歴史地区として世界遺産の文化遺産に登録。特に 1995年に世界遺産に登録されたトハム山にある仏国寺石窟庵は,壮麗な伽藍と円熟した仏像群で知られている。また 2010年には 14~15世紀の住宅様式が残るヤンドン(良洞)村が,アンドン(安東)市のハフェ(河回)村とともに歴史的村落として世界遺産の文化遺産に登録された。特産物に法酒がある。チュンアン(中央)鉄道と高速道路でソウル特別市,プサン(釜山)市と結ばれている。面積 1324km2。人口 27万4295(2008推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キョンジュ(慶州)市の関連キーワードキョンサンプク(慶尚北)道プサン(釜山)直轄市アンドン(安東)市ポハン(浦項)市石窟庵と仏国寺文武大王水中陵慶州民俗工芸村普門観光団地鮑石亭址芬皇寺址古墳公園骨窟寺金冠塚雁鴨池半月城瞻星台鶏林五稜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android