キンパラ(英語表記)Lonchura atricapilla; chestnut munia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンパラ
Lonchura atricapilla; chestnut munia

スズメ目カエデチョウ科。以前はギンパラ同種と考えられていたが,今日では別種とされている。全長 11~12cm。頭部は黒く,体のほかの部分は褐色円錐形鉛色,脚も同じ色。インド東部から東南アジア中国南部,タイワン(台湾)にかけて広く分布する。種子食の小鳥で,背の高い草地や農地などに生息している。日本にも移入されよく飼育されている。また,飼育中のものが逃げ出して野生化し,各地の暖地のアシ原や休耕田などで繁殖している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キンパラ

カエデチョウ科の鳥。翼長5cm。体は茶褐色,頸から上は黒く産地により頭の色が異なる。南アジア原産。飼い鳥として古くから輸入されている。近年各地のアシ原に野生化したものが見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンパラ
きんぱら / 金腹
chestnut munia
[学]Lonchura malacca atricapilla

鳥綱スズメ目カエデチョウ科の鳥。同科キンパラ属ギンパラの1亜種。全長約11センチメートル。中国、インド、ネパールなどに分布する。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android