コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンメモドキ きんめもどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンメモドキ
きんめもどき / 金目擬
slender sweeper
[学]Parapriacanthus ransonneti

硬骨魚綱スズキ目ハタンポ科に属する海水魚。千葉県以南、南西諸島、マーシャル諸島などに分布し、沿岸の岩礁に群れをなしてすむ。全長7センチメートルの小魚で、体は細長く側扁(そくへん)し、目が大きい。背びれは短くて体のやや前方にある。体色は桃色で半透明、背骨が透けてみえる。夜行性で、胸部と肛門(こうもん)の前に発光器をもち、この中にウミホタルと同じような発光物質があり、発光する。定置網などで多量に漁獲されることがあるが、小形魚で利用価値は少ない。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキンメモドキの言及

【ハタンポ】より

…小型の動物プランクトンを食べている。ハタンポ科のうち他属のキンメモドキはウミホタルの発光物質を利用する発光器をもつことが知られているが,ハタンポ属のものは発光器をもっていない。定置網で漁獲される。…

※「キンメモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キンメモドキの関連キーワードウミホタル片山正夫発光生物ノドグロ発光魚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android