キーロフ(読み)きーろふ(英語表記)Сергей Миронович КировSergey Mironovich Kirov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーロフ(Sergey Mironovich Kirov)
きーろふ
Сергей Миронович Киров Sergey Mironovich Kirov
(1886―1934)

旧ソ連共産党幹部。ロシア北部のビャトカ県(現キーロフ州)出身。1904年入党。第一次ロシア革命期にはシベリアで活動、のちカフカスに移り、北オセチアのウラジカフカスで十月革命を指導。内戦期にはアストラハン防衛戦で活躍した。23年党中央委員、26年レニングラード党組織の第一書記、30年政治局員に昇進し、34年の第17回党大会のころまでに党内でスターリンにかわりうる人物と目されるに至ったが、同年12月に暗殺された。その真相は謎(なぞ)に包まれたまま、事件は旧反対派の弾圧のために利用され、大粛清の幕開きとなった。[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android