キーロフ(読み)きーろふ(英語表記)Сергей Миронович КировSergey Mironovich Kirov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーロフ(Sergey Mironovich Kirov)
きーろふ
Сергей Миронович Киров Sergey Mironovich Kirov
(1886―1934)

旧ソ連共産党幹部。ロシア北部のビャトカ県(現キーロフ州)出身。1904年入党。第一次ロシア革命期にはシベリアで活動、のちカフカスに移り、北オセチアのウラジカフカスで十月革命を指導。内戦期にはアストラハン防衛戦で活躍した。23年党中央委員、26年レニングラード党組織の第一書記、30年政治局員に昇進し、34年の第17回党大会のころまでに党内でスターリンにかわりうる人物と目されるに至ったが、同年12月に暗殺された。その真相は謎(なぞ)に包まれたまま、事件は旧反対派の弾圧のために利用され、大粛清の幕開きとなった。[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android