コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギメ美術館 ギメびじゅつかんMusée Guimet, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギメ美術館
ギメびじゅつかん
Musée Guimet, Paris

フランスにあるアジア美術館。エミール・ギメ (1838~1918) の収集品を基礎にして 1879年リヨンに設立され,88年パリに移転して宗教史美術館となり,1928年国立美術館に帰属した。 37年増設,45年ルーブル美術館アジア美術部として,それまでルーブルで保管されていたインド以東の美術品を移管した。インド,アフガニスタン,中央アジア,中国,日本,朝鮮,東南アジアなど多くの国の美術品を所蔵し,ほかに図書館,講演室,写真資料室,研究室,出版部などを備え,定期刊行物を発行している。 56年,東京国立博物館と収蔵品の交換を行い,日本美術部門を補充したが,体系的な収集,展示にはいたっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギメ‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【ギメ美術館】

《〈フランスMusée Guimet》フランス、パリにある国立の東洋美術館。実業家エミール=ギメの収集品をもとに設立された美術館を起源とし、1945年、ルーブル美術館東洋部の所蔵品を合わせ国立ギメ美術館となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギメ美術館【ギメびじゅつかん】

東洋美術を収集・展示しているフランスの国立美術館。1878年実業家のギメEmile Guimet〔1836-1918〕が自身のコレクションをもとにリヨンに開設。
→関連項目パリフーシェ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ギメびじゅつかん【ギメ美術館】

パリにある国立の東洋美術館。実業家ギメ(Émile Guimet1836~1918)の収集をもとに設立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギメ美術館
ぎめびじゅつかん
Muse Guimet

パリにあるフランス随一の東洋美術館。リヨンの実業家エミール・ギメmile Guimet(1836―1918)が世界一周調査で得た資料をもとに、1879年リヨン市に宗教史の美術館を設立したのに始まる。ギメは世界一周の途上、1876年(明治9)には日本にも立ち寄り、多くの宗教美術を収集した。のちにコレクションは国家に譲られ、これをもとに、図書館を備えた宗教史の研究・啓蒙(けいもう)機関として、1889年パリに現在の美術館が開設された。1945年に正式に国立ギメ美術館となると、ルーブル美術館に所蔵されていたすべての東洋美術品が移管され、一方、ギメからは東洋美術以外の作品がルーブルに移された。ペリオ調査団が敦煌(とんこう)から持ち帰った数千点の資料、インド彫刻『踊るシバ神』(11世紀)、グランディディエ寄贈の中国陶磁器、イタリア人宣教師で中国で活躍したカスティリオーネ(郎世寧(ろうせいねい))による『哈薩克賁(カザツクフン)図巻』、新羅(しらぎ)時代の金冠、室町時代の高僧像をはじめ、アジア諸国のさまざまな時代の遺例が集められている。1991年には別棟に仏教パンテオン・ギャラリーが新設され、ギメが日本で収集したコレクションやルーブルから移された仏教美術がおもに展示されている。96年から始まった改修工事も2001年に終了し、より充実した美術館としてリニューアルオープンした。[湊 典子・吉川節子]
『アルベール・ボヌール編・解説、佐藤雅彦監訳『東洋陶磁大観8 ギメ美術館』(1975・講談社) ▽楢崎宗重編著・監修『秘蔵浮世絵大観6、7 ギメ美術館1、2』(1989、1990・講談社) ▽平山郁夫編著、小林忠監修『秘蔵日本美術大観6 ギメ美術館』(1994・講談社) ▽ジャック・ジエス編『西域美術1、2 ギメ美術館ペリオ・コレクション1、2』(1994、1995・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギメ美術館の関連キーワードジョゼフ アッカン中央アジア美術C. シミズリヨン美術館シャイヨー今泉雄作曹知白

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギメ美術館の関連情報