コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギメ美術館 ギメびじゅつかん Musée Guimet, Paris

5件 の用語解説(ギメ美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギメ美術館
ギメびじゅつかん
Musée Guimet, Paris

フランスにあるアジア美術館。エミール・ギメ (1838~1918) の収集品を基礎にして 1879年リヨンに設立され,88年パリに移転して宗教史美術館となり,1928年国立美術館に帰属した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギメ‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【ギメ美術館】

《〈フランスMusée Guimet》フランス、パリにある国立の東洋美術館。実業家エミール=ギメの収集品をもとに設立された美術館を起源とし、1945年、ルーブル美術館東洋部の所蔵品を合わせ国立ギメ美術館となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギメ美術館【ギメびじゅつかん】

東洋美術を収集・展示しているフランスの国立美術館。1878年実業家のギメEmile Guimet〔1836-1918〕が自身のコレクションをもとにリヨンに開設。
→関連項目パリフーシェ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ギメびじゅつかん【ギメ美術館】

パリにある国立の東洋美術館。実業家ギメ(Émile Guimet1836~1918)の収集をもとに設立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギメ美術館
ぎめびじゅつかん
Muse Guimet

パリにあるフランス随一の東洋美術館。リヨンの実業家エミール・ギメmile Guimet(1836―1918)が世界一周調査で得た資料をもとに、1879年リヨン市に宗教史の美術館を設立したのに始まる。ギメは世界一周の途上、1876年(明治9)には日本にも立ち寄り、多くの宗教美術を収集した。のちにコレクションは国家に譲られ、これをもとに、図書館を備えた宗教史の研究・啓蒙(けいもう)機関として、1889年パリに現在の美術館が開設された。1945年に正式に国立ギメ美術館となると、ルーブル美術館に所蔵されていたすべての東洋美術品が移管され、一方、ギメからは東洋美術以外の作品がルーブルに移された。ペリオ調査団が敦煌(とんこう)から持ち帰った数千点の資料、インド彫刻『踊るシバ神』(11世紀)、グランディディエ寄贈の中国陶磁器、イタリア人宣教師で中国で活躍したカスティリオーネ(郎世寧(ろうせいねい))による『哈薩克賁(カザツクフン)図巻』、新羅(しらぎ)時代の金冠、室町時代の高僧像をはじめ、アジア諸国のさまざまな時代の遺例が集められている。1991年には別棟に仏教パンテオン・ギャラリーが新設され、ギメが日本で収集したコレクションやルーブルから移された仏教美術がおもに展示されている。96年から始まった改修工事も2001年に終了し、より充実した美術館としてリニューアルオープンした。[湊 典子・吉川節子]
『アルベール・ボヌール編・解説、佐藤雅彦監訳『東洋陶磁大観8 ギメ美術館』(1975・講談社) ▽楢崎宗重編著・監修『秘蔵浮世絵大観6、7 ギメ美術館1、2』(1989、1990・講談社) ▽平山郁夫編著、小林忠監修『秘蔵日本美術大観6 ギメ美術館』(1994・講談社) ▽ジャック・ジエス編『西域美術1、2 ギメ美術館ペリオ・コレクション1、2』(1994、1995・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギメ美術館の関連キーワードフラングレフランス菊フランス窓フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスフランス領ソマリランドラ・フランスラスクフランスヴィ・ド・フランス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギメ美術館の関連情報