コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャリック

百科事典マイペディアの解説

ギャリック

英国の俳優,劇作家。1747年ドルリー・レーン劇場に迎えられ,幾多の名舞台を残した。その写実的演技が演劇の近代化に果たした役割は大きい。劇作家としてはジョージ・コールマンとの共作《秘密結婚》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギャリック【David Garrick】

1717‐79
イギリスの俳優,劇作家。1741年,シェークスピアの《リチャード3世》の主役を演じて一躍人気を得,その後ハムレットマクベス,ロミオ,リア王など,シェークスピア悲劇の人物の表現では当代最高と評される一方,喜劇でも実力を発揮した。彼はそれまでのおおぎょうで型にはまった演技に代わって,自然で細緻な演技を尊重し,イギリスにおける近代的演技術の創始者となった。ロンドンの代表的劇場ドルーリー・レーンの支配人を,47年から76年の引退まで務める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャリック
ぎゃりっく
David Garrick
(1717―1779)

イギリスの俳優、劇場経営者、劇作家。イングランド西部、ヘリフォードに生まれる。師のサミュエル・ジョンソンとともにロンドンに出て、商業に従事したが、舞台に志を向け、1741年リチャード3世役で一躍スターの座についた。小柄で表情豊かな彼は生来喜劇に向いていたが、リア王やマクベスなど悲劇にも天分をみせ、18世紀最大の役者となった。また、早くからドルーリー・レーン劇場の経営も手がけ、同劇場を当代ヨーロッパの代表的劇場に仕立てあげた。劇作家としては、チマローザ作曲のオペラ化で有名な『秘密の結婚』(1766、G・コールマンGeorge Colman, the Elder(1732―1794)との共作)のほか数編の創作劇、シェークスピア作品などの翻案がある。[中野里皓史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギャリックの言及

【ノベール】より

…バレエの改革者として重要で,著書《舞踊とバレエについての手紙》(1760)に述べられた理論は今日いまだに有意義である。イギリスの俳優ギャリックと親交を結び,その教えを受けて,バレエ・ダクシヨンballet d’actionを創始した。これは歌や台詞を使わず,黙劇的演技(マイム)により物語の筋や劇的行為を表現するもので,今日の舞台芸術としてのバレエの基本形となった。…

※「ギャリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ギャリックの関連キーワードジョンソン(Samuel Johnson)ナショナル・シアターリヒテンベルクイギリス演劇ロジャーズ2月19日ノベールモア

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android