コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギャロッド ギャロッドGarrod, Sir Archibald Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギャロッド
Garrod, Sir Archibald Edward

[生]1857
[没]1936
イギリスの医師,生化学者。アルカプトン尿症など遺伝的な代謝異常の病気の研究で有名。 1902年,アルカプトン尿症がメンデルの法則に従って遺伝することを発見。アルカプトン尿症は,ホモゲンチジン酸を分解する酵素の欠損が原因で起ることを示し,この酵素の生産が遺伝子によって支配されていると考えた。遺伝子が酵素の生産を通じて形質を決定するという発想は,G.ビードル,E.テイタムの一遺伝子一酵素説の先駆をなすものであったが,発表当時は注目されず,遺伝生化学確立ののちに関心を集めるようになった。

ギャロッド
Garrod,Dorothy Annie Elizabeth

[生]1892.5.5. ロンドン
[没]1968.12.18. ケンブリッジ
イギリスの考古学者。クルディスターン (1928) ,パレスチナ (29~34) で発掘作業を指揮。西アジアの旧・中石器文化の大系を樹立した。 1939年ケンブリッジ大学の最初の婦人教授として,考古学,人類学の講座を担当した。

ギャロッド
Garrod, Heathcote William

[生]1878
[没]1960
イギリスの文学研究者。 1923~28年オックスフォード大学詩学教授。著書に『ワーズワス』 Wordsworth (1923) ,『キーツ』 Keats (26) ,『コリンズ』 Collins (28) ,『詩と人生の批評』 Poetry and the Criticism of Life (31) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ギャロッドの関連キーワードカルメル山遺跡先天性代謝異常ナトゥフ文化カルメル山分子生物学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android