コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギュルビッチ ギュルビッチ Gurvitch, Georges

4件 の用語解説(ギュルビッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギュルビッチ
ギュルビッチ
Gurvitch, Georges

[生]1894.11.2. ノボロシースク
[没]1965.12.9. パリ
ロシア生れのフランスの社会学者。ロシア革命に際し祖国での教職を捨て,プラハを経て 1924年パリに定住。 48年パリ大学教授。個人意識と集団意識が共存しているわれわれというあり方から出発して,「交わり」の形態分析を核とする微視社会学と集団類型全体社会を扱う巨視社会学を区別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギュルビッチ

ロシア生れの,フランスで活躍した社会学者。十月革命に加わったが,ソビエト政府の方針に反対して1920年にプラハを経て,フランスに亡命。デュルケームを継いでパリ大学ソルボンヌ校の社会学教授となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギュルビッチ【Georges Gurvitch】

1894‐1965
フランスの社会学者。現象学的傾向のつよい独自の社会学の一般的体系化をおこなった。ロシアに生まれ,ペトログラード(現,サンクト・ペテルブルグ)大学助教授となったが,1920年代にフランスに亡命。第2次大戦後パリ大学(ソルボンヌ)教授として活躍し,大きな影響力をもった。社会的現実を〈深さ〉の諸相において考察する深層社会学をうちたて,これに微視から巨視におよぶ多元的な集団形態論を組み合わせて,社会学の体系化をおこなう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギュルビッチ
ぎゅるびっち
Georges Gurvitch
(1894―1965)

フランスの社会学者。ロシアに生まれ、ペテルブルグ大学卒業後、1919年同大学准教授となる。この間ロシア革命を体験し、1921年にソ連を去り、プラハ大学を経て、1925年フランスに渡り、パリ大学スラブ研究所講師に就任。1928年帰化すると同時にパリ大学文学部講師となり、さらにボルドーストラスブール各大学教授を経て、第二次世界大戦アメリカに亡命。1943年までNew School for Social Researchで教え、ハーバード大学などにも招かれる。戦後、パリ大学に戻り、教授として社会学を担当し、あわせて高等研究院第六部の研究主任となり、『国際社会学手帖(てちょう)』の編集をはじめ、戦後フランス社会学の再生に貢献するとともに国際的にも活躍する。
 初め哲学者として出発するが、プルードンやマルクスの研究を進め、法哲学、社会哲学を経て社会学の研究に至る。1938年の『社会学試論』によってデュルケーム社会学を批判し、「深さの社会学」の提唱によって社会的現実の総体的かつ動的分析の理論化を図った。『社会学の現代的課題』(1950)において、微視的社会学、集団の差異類型学、巨視的社会学から構成される一般社会学の体系を提示して、古い社会学からの脱皮を図った。それは、現象学や弁証法を背景として、弁証法的超経験主義と相対主義的多元主義の立場をとる。[田原音和]
『寿里茂訳『社会学の現代的課題』(1970・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギュルビッチの言及

【社会構造】より

… マルクスの用いた〈上〉と〈下〉という構造についての空間的アナロジーは,これとはちがった理論的文脈でも用いられている。フランスの社会学者ギュルビッチによって定式化された〈深さの社会学〉における,社会の深層構造という考え方はその一例である。彼は〈全体的社会現象〉と呼ぶものを,最表層部の形態学的特性から最深層部の集合的精神状態まで10の〈深さの層位〉に区分し,社会構造とはそれらの層位が一時的・過渡的にバランスした一局面である,とした。…

【社交】より

…たとえば,社会学者のG.ジンメルは,諸個人間の相互作用によって集団や社会が生成される過程,すなわち社会形成過程(社会化Vergesellschaftung)に関して,その形式における純粋型を想定し,それに〈社交性Geselligkeit〉という概念を当てた。またG.ギュルビッチは,社会的現実を構成する要素として,〈社交性sociabilité〉,すなわち社会的交渉形態を考えた。社交とは,社会を成り立たせる必須の要因であるが,必ずしも実利的な目標が追求されるわけでもなければ,またゆゆしき問題として事が始められるわけでもない。…

※「ギュルビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギュルビッチの関連キーワードギディングズ現象学的社会学田辺寿利バーガーリクールカイヨワ認識社会学メルロポンティルーマン道徳科学

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone