コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア詞華集 ギリシアしかしゅう Anthologia Graeca

3件 の用語解説(ギリシア詞華集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア詞華集
ギリシアしかしゅう
Anthologia Graeca

別名『パラティン詞華集』 Anthologia Palatina。 10世紀初頭コンスタンチノス・ケファラスが編纂したギリシア語の詩選集。前1世紀のメレアグロス,1世紀のフィリッポス,6世紀のアガティアスそれぞれ編んだ選集をもとにして,新しいものも加えて,およそ 4000編をテーマに従って 15巻に編集したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギリシアしかしゅう【ギリシア詞華集 Greek Anthologies】

アントロギアanthologiaとは,古代ギリシア語で〈花を集めること〉を意味し,元来花摘みやミツバチの営みを表す言葉であったが,今日では優れた詩文を集めた詩集を表す(アンソロジー)。《ギリシア詞華集》として今日伝存するもっとも有名なものは《パラティナ詞華集》(980年ころ,コンスタンティノープルにおいて集成)と,《プラヌデス詞華集》(1299年,プラヌデスが集成)の二つである。両詩集は内容的にほぼ同一であるが後者のほうが388編多くの詩を収録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア詞華集
ぎりしあしかしゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギリシア詞華集の関連キーワードアポロギアアントロポロギーオントロギーアントロポロジートロギール大聖堂爆連召喚ゼウスロギアアントロギアオントロギアシグナトロギアハヤトロギア

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギリシア詞華集の関連情報