コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシア詞華集 ギリシアしかしゅうAnthologia Graeca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア詞華集
ギリシアしかしゅう
Anthologia Graeca

別名『パラティン詞華集』 Anthologia Palatina。 10世紀初頭コンスタンチノス・ケファラスが編纂したギリシア語の詩選集。前1世紀のメレアグロス,1世紀のフィリッポス,6世紀のアガティアスがそれぞれ編んだ選集をもとにして,新しいものも加えて,およそ 4000編をテーマに従って 15巻に編集したもの。短いエレゲイア詩形のエピグラムが大部分で,恋愛詩,献呈辞,墓碑銘,教訓詩,宴席歌,風刺詩などにすぐれたものが多い。おもな作者は,古典期ではシモニデス,バキュリデス,アナクレオン,それに哲学者プラトン,ヘレニズム期ではアスクレピアデスレオニダス,カリマコス,アンチパトロス,メレアグロス,女流詩人のアニュテとノッシス,医師ニキアス,哲学者フィロデモスなど。 14世紀にプラヌデスが改悪した選集が流布していたが,1606年にハイデルベルクのファルツ (パラティヌス) 選帝侯の文庫からケファラスのものの古写本が発見され,今日ではこれにプラヌデスの選んだものを加えて定本としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギリシアしかしゅう【ギリシア詞華集 Greek Anthologies】

アントロギアanthologiaとは,古代ギリシア語で〈花を集めること〉を意味し,元来花摘みやミツバチの営みを表す言葉であったが,今日では優れた詩文を集めた詩集を表す(アンソロジー)。《ギリシア詞華集》として今日伝存するもっとも有名なものは《パラティナ詞華集》(980年ころ,コンスタンティノープルにおいて集成)と,《プラヌデス詞華集》(1299年,プラヌデスが集成)の二つである。両詩集は内容的にほぼ同一であるが後者のほうが388編多くの詩を収録している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギリシア詞華集
ぎりしあしかしゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギリシア詞華集の関連キーワードパウロス・シレンティアリオスビザンチン文学マルティアリスギリシア文学ラスカリススイダスエリンナ