コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギルド社会主義 ギルドしゃかいしゅぎ guild-socialism

6件 の用語解説(ギルド社会主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギルド社会主義
ギルドしゃかいしゅぎ
guild-socialism

サンディカリズム直接的影響のもとに生じたイギリス社会主義思想。中世への復帰を主張した W.モリスの影響をも受けていたといえ,代表的理論家として G.D.H.コールがあげられる。内容は論者によって異なるが,一致する点は以下のとおり。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギルド‐しゃかいしゅぎ〔‐シヤクワイシユギ〕【ギルド社会主義】

20世紀初め、英国に起こった政治・社会運動。当時の国家や資本主義に反対し、中世のギルドを模して労働組合を基盤につくられた産業の民主主義的連合によって、自治的社会主義を目ざす運動。ギルドソーシャリズム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギルド社会主義【ギルドしゃかいしゅぎ】

サンディカリズムの影響をうけて1910年ころから1920年代初めにかけて英国で提唱された社会主義思想の一つ。ギルドを基礎に労働者階級の直接的産業支配を拡大し,ゼネストによる権力奪取を唱えた。
→関連項目アナルコ・サンディカリスム職能代表制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギルドしゃかいしゅぎ【ギルド社会主義 Guild Socialism】

ラスキン,モリスの資本主義批判を継承し,フェビアン協会の画一的集産主義社会立法の下での官僚国家の危険とに反発したイギリスの社会思想,運動。理想主義的傾向が強く,1900年代初頭の知識層の間で支持を得た。労働の質と良心的生産者の保護を説くA.J.ペンティの《ギルドの復興》(1906)に触発され,A.R.オレージ編集《新時代》紙上のS.G.ホブソンの賃金制批判の論文(1912)が引金となり,G.D.H.コールやW.メラーら知識人が中心となって1915年全国ギルド連盟が発足する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギルドしゃかいしゅぎ【ギルド社会主義】

二〇世紀初めイギリスに現れた社会主義の一派。各種の職能別の中世ギルド的な自治管理を行う団体を社会の基本的構成要素とし、それらの相互協力により生産と消費の合理的調整を通じて発展をはかろうとする。第一次大戦中から戦後にかけ流行。のち衰退。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギルド社会主義
ぎるどしゃかいしゅぎ
Guild Socialism英語
Gildensozialismusドイツ語

1913年から25年の間にイギリスで展開された社会主義思想の一つ。この思想の形成には、中世の牧歌的社会を理想として工業文明や資本主義を批判するJ・ラスキンとW・モリスの社会的ロマン主義や、教会や労働組合を国家と同格の法人格として認めることを要求するJ・N・フィッギス国家主権否認論や、フランスサンジカリズム、そしてマルクス主義の影響がみられる。1906年成立した労働党の議会活動が期待したほどの成果をあげず、そのうえに、同党の母体をなす労働組合会議第一次世界大戦前後にかけてストライキを自制するなど一般組合員や下部単産組合の要求を抑える動きをしたのに反発した一部単産組合やショップスチュワード(非公認職場委員)の間にギルド社会主義を支持するものが現れて、それは一時期大きな影響力をもつに至った。
 その理論的代表者はG・D・H・コールである。それは、フェビアニズムを批判し、階級闘争を所与の事実として認め、賃金制度の廃止、労働組合の構造の職能別組織から産業別組織への再編成、産業別組合によって生産機能を失った資本家から産業支配権を取り戻すことを要求した。そしてさらに、自治権をもつ職能別に組織された団体(ギルド)、すなわち労働組合、消費組合、教会などの多元的機能集団を基礎に再編成されたナショナル・コミューンによる、現存の階級国家の克服を主張した。その際、サンジカリズムと異なる点は、生産者ギルドとしての労働組合のみならず、他のギルドも社会の基本的構成要素として承認し、国家、すなわちナショナル・コミューンにも各ギルド間の調整、秩序の維持、財政・通貨政策、防衛、外交などの機能を認めている点である。このギルド社会主義は第一次世界大戦後の安定期にその意義を失ったが、生産者たる労働者の産業自治の思想は、ドイツの共同決定法やフランス社会党の労働者自主管理論などに影響を与えている。[安 世舟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギルド社会主義の関連キーワード資本主義社会修正資本主義独占資本主義株主資本主義公益資本主義ステークホルダー資本主義《近代資本主義》公正資本主義資本主義経済《資本主義・社会主義・民主主義》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone