コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職能代表制 しょくのうだいひょうせい

5件 の用語解説(職能代表制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職能代表制
しょくのうだいひょうせい

各種の職能団体利益代表により議会を構成する制度。 19世紀末にいたりヨーロッパの社会には種々な集団が現れて,それぞれの利益を主張しはじめた。しかし議会は地域代表制であったため,各集団はその主張を反映させることができなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくのう‐だいひょうせい〔‐ダイヘウセイ〕【職能代表制】

職業別団体から代表者を議会に送る代議制度。ワイマール憲法下のドイツの経済会議や、第二次大戦後のフランス経済社会評議会などがその典型。→地域代表制

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

職能代表制【しょくのうだいひょうせい】

地域代表制の対。立法議会の議員を各種職能団体から選出する制度。地域代表制社会生活の複雑化・多元化に伴う利益代表的性格をもてなくなり,真の国民代表としての機能を果たし得ないとの批判から,それを補う制度として20世紀以降考案されたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しょくのうだいひょうせい【職能代表制】

職業別団体から代表を選出して議会に送る代議制度。ワイマール憲法下のドイツの経済会議、第四共和制憲法下のフランスの経済評議会など。 → 地域代表制

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職能代表制
しょくのうだいひょうせい
functional (occupational) representation

選挙人を各職域に分け、職域を単位として代表者を選任する方法であり、一定の地域を基礎単位として代表者を選出する地域代表制に対比される概念である。
 職能代表制は、第一次世界大戦後のイギリスのギルド社会主義、フランスやイタリアのサンジカリズムなどにおいて唱えられ、シドニー・ウェッブ、G・D・H・コール、デュギーらがその意義を強調した代表的理論家である。これらの論者は、各種の利害関係を異にする人々が雑居する地域を単位とする地域代表に基づく議会政治は擬制であると批判し、真の代表は一般的、総括的ではなく、つねに特定的、職能的であると主張するとともに、現代政治における集団の個人に対する優越的意義を説いて、地域代表にかわる職能代表、集団代表の必要性を強調した。このような見解は20世紀になって、各種の職能団体が増大し、これらの組織に加入する者が増加するに伴い、人々は地域よりも同一職能における利害の共通性を強く意識するに至り、これらの社会組織または経済組織の代表者をして政治に関与させようとする見地から主張された。
 職能代表制が立法議会の選挙制度において採用された例は少なく、その採用例の多くは諮問機関においてである。たとえば、ワイマール憲法のライヒ経済会議やフランス第五共和政の経済社会評議会などである。[三橋良士明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職能代表制の関連キーワード職業別組合単産横断組合職業意識電話帳国際産業別書記局産業別労働組合職業訓練所産業別労組職業別・職種別賃金格差

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

職能代表制の関連情報