コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンザケ

2件 の用語解説(ギンザケの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ギンザケ

 [Onchorhynchus kisutch].ギンマスともいう.サケ目サケ科サケ属の海産魚.重要な食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンザケ
ぎんざけ / 銀鮭
coho salmon
[学]Oncorhynchus kisutch

硬骨魚綱サケ科の魚。かつてはギンマスともよばれた。アジア側は北千島、オホーツクカムチャツカ半島北アメリカ側はアラスカからカリフォルニア州に至る河川に産卵する。体はずんぐりして尾柄が太く、背面は緑色を帯びた鈍い藍(あい)色で小黒点が散在する。幼魚期を河川で過ごすが、その期間は南方では1~2年、北方では4年に及ぶこともある。春に銀毛(ぎんけ)とよばれる銀灰色となって降海し、海で1年を過ごすと成熟して川に回帰する。近縁のサクラマスと生態学的地位が同じであるが、両者の母川分布域はほとんど重ならない。北アメリカでは釣りの対象魚としても重要である。内水面、海面の両方の飼育が容易で、各地で養殖されている。西洋料理に向いた魚で、美味である。[石田昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギンザケの関連情報