ギーズ家(読み)ギーズけ

世界大百科事典 第2版の解説

ギーズけ【ギーズ家】

ヨーロッパの名門貴族ロレーヌ公家から分かれた有力家系。ロレーヌ公アントアーヌの弟クロードClaudeが,フランス国王フランソア1世の下で戦い,その戦功によりギーズGuise公領を授与されたことに始まる(1528)。ロレーヌ公領は,1735年フランスに帰属するまで独立した公国であったから,それに連なるギーズ家も,フランスの貴族となりながら,依然半ば外国勢力と見なされ,疑いの目で見られることが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーズ家
ぎーずけ
Maison de Guiseフランス語

16世紀に活躍したフランスの名門で、ロレーヌ公家の分家。1333年にギーズ伯の称号を獲得。1528年ギーズ公となる。初代はクロード・ド・ロレーヌClaude de Lorraine(1496―1550)で、国王フランソア1世(在位1515~47)の忠臣として活躍した。その子フランソア・ド・ロレーヌFranois de Lorraine(あだ名は「向こう傷」)(1519―63)は、宗教戦争の勃発(ぼっぱつ)とともに旧教派の首領として行動し、オルレアン攻囲のおりポルトロ・ド・メレによって殺された。3代はアンリ・ド・ロレーヌHenri de Lorraine(1550―88)で、父と同じあだ名をもち、ラ・リーグ(旧教同盟)の指導者。彼は、国王アンリ3世によって暗殺された。4代以降はフランス国王に服属し、ギーズ家は1675年に血統が絶え、その後公領はコンデ家に移り、1832年にはオルレアン家に渡った。[志垣嘉夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギーズ家の言及

【ユグノー戦争】より

…こうして,59年には,第1回全国改革派教会会議がパリで開催され,教義面でも規律面でも明確な組織化がはかられるに至り,新旧両教会の決裂は決定的となった。これに加え,同じ59年には,アンリ2世が没し幼王フランソア2世が即位するが,これを期に新王の外戚に当たるカトリックの指導者ギーズ一門(ギーズ家)が政権を掌握することとなり,これに対抗するブルボン一族やコリニー提督など反ギーズ派の貴族層はプロテスタントに接近する。こうして,〈宗教のユグノー〉は〈政治のユグノー〉へと大きく変容し,内乱勃発の条件は整った。…

※「ギーズ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android