コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギーゼキング Gieseking, Walter (Wilhelm)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギーゼキング
Gieseking, Walter (Wilhelm)

[生]1895.11.5. リヨン
[没]1956.10.26. ロンドン
ドイツのピアニスト。ドイツ人を父に,フランス人を母としてフランスで生れ,1911年両親とともにハノーバーへ移り,同市の音楽院で K.ライマーに師事。第1次世界大戦後ヨーロッパ各地で,26年以後アメリカでも演奏。特にドビュッシー,ラベルらフランス印象派の作品の演奏者として定評がある。晩年は古典派の作品をも好んで演奏。師ライマーとの共著『現代ピアノ演奏法』 Modernes Klavierspiel (1931) ,『リズムと強弱表現とペダル』 Rhythmik,Dynamik,Pedal (38) により,のちのピアノ奏法に多大な影響を及ぼした。作曲,編曲も数曲残す。 53年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ギーゼキング(Walter Gieseking)

[1895~1956]ドイツのピアノ奏者。フランスの生まれ。端正な奏法を確立し、特にフランス近代音楽の演奏で名声を博した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギーゼキング

ドイツのピアノ奏者。20世紀前半を代表するピアノ奏者の一人。ドイツ人を両親にフランスのリヨンに生まれ,イタリア北部のリビエラで育つ。ドイツに帰国後,1911年−1916年ハノーファー音楽院に学ぶ。
→関連項目イェペス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギーゼキング【Walter Gieseking】

1895‐1956
ドイツのピアノ奏者。20世紀を代表する演奏家の一人。ハノーファー音楽院を卒業,1920年から本格的な演奏活動に入る。23年ヨーロッパ各国,26年アメリカに演奏旅行をおこない,急速に名声を高めた。従来の感情至上主義的演奏を排し,楽譜に忠実な再現を主張したギーゼキングは,それが可能な高度の演奏技術の持ち主だったが,なかでも,過剰な感情移入を避けたモーツァルト,繊細で精妙な音色を生かしたドビュッシーとラベルは,とくに高く評価された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ギーゼキング【Walter W. Gieseking】

1895~1956) フランス生まれのドイツのピアノ奏者。正確な技巧による端正な演奏で、古典派や印象派の曲を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギーゼキング
ぎーぜきんぐ
Walter Gieseking
(1895―1956)

ドイツのピアノ奏者。20世紀前半を代表する巨匠の一人。フランスのリヨンに生まれ、ハノーバー音楽院でカール・ライマーに学び、1920年にデビュー。23年のヨーロッパ楽旅と26年のアメリカ・デビューの成功で、短期間のうちに名声を確立した。第二次世界大戦中ナチスに協力したかどにより戦後2年間活動を禁止されたが、47年に復帰、フランスとアメリカではボイコット運動がおこったものの、結局、その実力によって往年の名声を取り戻した。53年(昭和28)に来日。繊細なタッチが生み出す音の美しさ、感情におぼれすぎない端正なスタイルのため、とくにモーツァルト、ドビュッシー、ラベルの演奏は、一時期を画する名演と評された。ベートーベンの演奏も忘れがたい。ロンドンで没。[岩井宏之]
『ギーゼキング著、杉浦博訳『ピアノとともに』(1968・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギーゼキングの関連キーワードウォード スイングルイェルク デームスハンス オッテ11月5日新即物主義井口秋子イエペスデムス技巧

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギーゼキングの関連情報