コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサムラドリ クサムラドリAtrichornithidae; scrubbirds

2件 の用語解説(クサムラドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサムラドリ
クサムラドリ
Atrichornithidae; scrubbirds

スズメ目クサムラドリ科の鳥の総称。2種からなり,いずれもオーストラリアに分布している。ノドジロクサムラドリ Atrichornis clamosus は全長 21cmで,全長の半分ほどを占める長い尾羽をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサムラドリ
くさむらどり / 叢鳥
scrub-bird

鳥綱スズメ目クサムラドリ科に属する鳥の総称。同科Atrichornithidaeはオーストラリアにだけ分布し、2種がいる。全長17~20センチメートル、一見ミソサザイに似た外観をしている。全体に褐色地に黒色横斑(おうはん)のあるじみな羽色をしている。コトドリに近縁ではないかと考えられている。低木林中にすみ、足で地面をかいて昆虫やカタツムリやミミズを取り出して食べる。翼が丸くて短いため、飛ぶのはあまりうまくない。姿はなかなかみせないが、チップ、チップといった大きくてよく通る声で鳴く。草むらや地上に枯れ葉やコケでドーム形の巣をつくり、産座にはぬれた朽ち木のくずを敷く。卵は2個産み、雌だけが抱卵する。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone