コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサムラドリ クサムラドリ Atrichornithidae; scrubbirds

2件 の用語解説(クサムラドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサムラドリ
クサムラドリ
Atrichornithidae; scrubbirds

スズメ目クサムラドリ科の鳥の総称。2種からなり,いずれもオーストラリアに分布している。ノドジロクサムラドリ Atrichornis clamosus は全長 21cmで,全長の半分ほどを占める長い尾羽をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサムラドリ
くさむらどり / 叢鳥
scrub-bird

鳥綱スズメ目クサムラドリ科に属する鳥の総称。同科Atrichornithidaeはオーストラリアにだけ分布し、2種がいる。全長17~20センチメートル、一見ミソサザイに似た外観をしている。全体に褐色地に黒色横斑(おうはん)のあるじみな羽色をしている。コトドリに近縁ではないかと考えられている。低木林中にすみ、足で地面をかいて昆虫やカタツムリやミミズを取り出して食べる。翼が丸くて短いため、飛ぶのはあまりうまくない。姿はなかなかみせないが、チップ、チップといった大きくてよく通る声で鳴く。草むらや地上に枯れ葉やコケでドーム形の巣をつくり、産座にはぬれた朽ち木のくずを敷く。卵は2個産み、雌だけが抱卵する。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサムラドリの関連キーワード鳴禽類花鳥猿子知目鳥庭師鳥烏帽子鳥木の葉鳥ムクドリ(椋鳥)クサカリドリ(草刈鳥)クサムラドリ(叢鳥)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone