コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クニッピング クニッピング Erwin Knipping

6件 の用語解説(クニッピングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クニッピング(Erwin Knipping)

[1844~1922]ドイツの気象学者。明治4年(1871)来日。日本政府のお雇い外国人として、測候所の設立、天気予報の開始などを進言。日本の気象事業の発展に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

クニッピング Knipping, Erwin

1844-1922 ドイツの気象技術者。
1844年4月27日生まれ。アムステルダム商船学校を卒業して汽船の航海士となり,東洋に来航。明治4年東京で下船し,大学南校の数学教師をへて内務省暴風雨取調掛となる。16年日本ではじめて天気図をつくって暴風雨警報をだし,17年から天気予報をはじめた。24年帰国。1922年11月22日死去。78歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

クニッピング

没年:1922.11.22(1922.11.22)
生年:1844.4.27
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人技師。日本の気象観測事業の確立に寄与。ドイツのクレフェ生まれ。アムステルダムの商船学校を卒業。汽船クーリエ号1等運転士として航海中,明治4(1871)年東京で下船した際,大学南校(東大)教師ワグナーにすすめられて,同校でドイツ語,数学を教えた。9年から内務省駅逓寮に雇い替えられ,農商務省駅逓局,内務省地理局などに勤め,24年に帰国。日本で学校教師や海員試験官など多くの職種を経験したが,最大の功績は天気予報および暴風警報の業務で,西洋式の中央気象台の設置や全国の気象観測所の位置決定,天気図の作成などの指導に当った。<参考文献>石山洋「エルヴィン・クニッピング」(『科学技術文献サービス』47号)

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クニッピング【Erwin Knipping】

1844‐1922
日本の気象事業の創設に大きな貢献をしたドイツの気象学者。クレーフェに生まれ,1864年オランダの航海学校に入る。67年一等航海士として汽船クーリエ号に乗り遠洋航海に従事する。71年(明治4)船が転売されたため日本に下船,大学南校の教師となりドイツ語,数学などを教えた。気象に関心が深く,官舎に気象観測の器械を備え,学生を助手として定時観測を始めた。75年には東京外国語学校の教師となり,翌年は内務省駅逓寮に移り,管船課司験官となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クニッピング【Erwin Knipping】

1844~1922) ドイツの気象学者。1871年(明治4)来日、大学南校教師、逓信省・内務省御雇として、暴風雨警報事業を創設。また、83年日本で初めて天気図を作成。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クニッピング
くにっぴんぐ
Erwin Knipping
(1844―1922)

明治初年に来日し、日本における暴風警報および天気予報事業の創業に尽力したドイツ人。オランダ国境に近いクレフェに生まれ、アムステルダムの商船学校を卒業して二等航海士となり、汽船クーリエに乗り組んで東洋に来航した。たまたま同船が日本に売却されることになったので、1871年(明治4)に下船し、開成学校の数学教師となった。1876年逓信(ていしん)局に雇用されている間に、暴風警報の必要性を説いた建白書を提出、1881年から内務省御雇いとなって暴風警報事業を始め、1883年5月26日、日本最初の暴風警報が発せられた。1891年帰国し、ハンブルクの気象台の助手を務めた。著書はとくにないが、ドイツ系のアジア協会の雑誌に、日本の気象や暴風の特徴について述べた論文を何編か発表している。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クニッピングの関連キーワードアビーブラウンスウェルニヒゴッチェシャンドジュウェットショイベハイトケンペルフロランリッテル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クニッピングの関連情報