クニッピング(英語表記)Erwin Knipping

  • 1844―1922
  • クニッピング Knipping, Erwin

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1844-1922 ドイツの気象技術者。
1844年4月27日生まれ。アムステルダム商船学校を卒業して汽船航海士となり,東洋に来航。明治4年東京で下船し,大学南校の数学教師をへて内務省暴風雨取調掛となる。16年日本ではじめて天気図をつくって暴風雨警報だし,17年から天気予報をはじめた。24年帰国。1922年11月22日死去。78歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:1922.11.22(1922.11.22)
生年:1844.4.27
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人技師。日本の気象観測事業の確立に寄与。ドイツのクレフェ生まれ。アムステルダムの商船学校を卒業。汽船クーリエ号1等運転士として航海中,明治4(1871)年東京で下船した際,大学南校(東大)教師ワグナーにすすめられて,同校でドイツ語,数学を教えた。9年から内務省駅逓寮に雇い替えられ,農商務省駅逓局,内務省地理局などに勤め,24年に帰国。日本で学校教師や海員試験官など多くの職種を経験したが,最大の功績は天気予報および暴風警報の業務で,西洋式の中央気象台の設置や全国の気象観測所の位置決定,天気図の作成などの指導に当った。<参考文献>石山洋「エルヴィン・クニッピング」(『科学技術文献サービス』47号)

(三好信浩)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1844‐1922
日本の気象事業の創設に大きな貢献をしたドイツの気象学者。クレーフェに生まれ,1864年オランダの航海学校に入る。67年一等航海士として汽船クーリエ号に乗り遠洋航海に従事する。71年(明治4)船が転売されたため日本に下船,大学南校の教師となりドイツ語,数学などを教えた。気象に関心が深く,官舎に気象観測の器械を備え,学生を助手として定時観測を始めた。75年には東京外国語学校の教師となり,翌年は内務省駅逓寮に移り,管船課司験官となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治初年に来日し、日本における暴風警報および天気予報事業の創業に尽力したドイツ人。オランダ国境に近いクレーフェに生まれ、アムステルダムの商船学校を卒業して二等航海士となり、汽船クーリエに乗り組んで東洋に来航した。たまたま同船が日本に売却されることになったので、1871年(明治4)に下船し、開成学校の数学教師となった。1876年逓信(ていしん)局に雇用されている間に、暴風警報の必要性を説いた建白書を提出。1881年から内務省御雇いとなって暴風警報事業を始め、1883年5月26日、日本最初の暴風警報が発せられ、翌1884年から全国の天気予報の発表が開始された。1891年帰国し、ハンブルクの気象台の助手を務めた。著書はとくにないが、ドイツ系のアジア協会の雑誌に、日本の気象や暴風の特徴について述べた論文を何編か発表している。

[根本順吉 2018年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1844年4月27日
ドイツの気象学者
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Erwin Knipping エルウィン━) ドイツの気象学者。明治四年(一八七一)船員として来日。逓信省、内務省の御雇いとなり、測候所の設立、天気図の作成など、日本の気象事業の発展に貢献した。(一八四四‐一九二二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android