コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田雄治 ワダユウジ

百科事典マイペディアの解説

和田雄治【わだゆうじ】

気象学者,海洋学者。岩代二本松藩士の子。寺尾寿中村精男(きよお)とともに東京物理学講習所(東京理科大の前身)を創立。初代東京気象台予報課長。海流瓶(びん)の放流による日本近海海流の調査,朝鮮古代観測記録の研究が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田雄治 わだ-ゆうじ

1859-1918 明治-大正時代の気象学者,海洋学者。
安政6年9月4日生まれ。明治12年内務省地理局測量課にはいり,暴風警報・天気予報を創始した。37年日露戦争に際し,朝鮮に赴任して朝鮮王朝の観測記録を発掘。また海流瓶による調査で日本近海の海流をあきらかにした。大正7年1月5日死去。60歳。陸奥(むつ)二本松(福島県)出身。東京大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和田雄治

没年:大正7.1.5(1918)
生年:安政6.9.4(1859.9.29)
明治期の気象学者,海洋学者。陸奥二本松藩(二本松市)の出身。東大の1期生。明治12(1879)年に内務省の地理局に勤務。22年からフランスへ留学,その年国際気象会議に出席して,国際暴風雨標の制定を提案。同時に中央気象台技師となる。26年からは,日本近海の海流調査を始め,初めてその実態を明らかにした。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わだゆうじ【和田雄治】

1859‐1918(安政6‐大正7)
気象学者,地球物理学者。福島県二本松の生れ。1879年(明治12)東京帝国大学理科大学物理学科卒業。内務省地理局測量課気象掛,後の中央気象台に職を得る。フランスに留学,万国博覧会に出品された海洋探検に関する事物に注目,海洋研究の重要さを痛感し,海流瓶による日本海付近の海流調査などの推進に力を入れる。このほか,気象台における種々の海洋調査研究に道を開いた。85年中央気象台予報課長に進み,日本の気象予報の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

わだゆうじ【和田雄治】

1859~1918) 気象学者。陸奥むつ二本松の人。内務省地理局・中央気象台などで、日本の天気予報事業の基礎を築いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田雄治
わだゆうじ
(1859―1918)

気象学者。二本松(福島県)の生まれ。1879年(明治12)東京大学理学部物理学科を卒業、同年内務省地理局測量課に入り、測地、天測のかたわら気象を担当、日本の暴風警報、天気予報の創始にあたった。1885年中央気象台予報課長となり、1904年(明治37)日露開戦に際し、官命により朝鮮に渡り、朝鮮および満州(中国東北部)各地に気象観測所を設け、軍事行動に多大の功績を収めた。在朝鮮中、15世紀以来行われた李朝(りちょう)の雨量計による気象観測についての記録をフランス語で発表(1910)、翌1911年これが英語訳され、世界的に有名になる。1915年(大正4)勇退して帰国し、その後は河川の出水調査、海流瓶による日本近海の海流調査などに関し、創始者的な業績を残した。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の和田雄治の言及

【海流瓶】より

…ビール瓶などに返信用はがきを封入して海洋に放流し,発見者に記入し返送してもらい,漂着の日時,場所から海流を調査するもので,日本では1893年に和田雄治らによって用いられたのが最初である。現在もプラスチックの容器に封じた漂流はがきが,内海の海流調査に多用されている。…

※「和田雄治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和田雄治の関連キーワード大正時代根本順吉野中 至野中至和田没年

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android