コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田雄治 ワダユウジ

7件 の用語解説(和田雄治の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わだ‐ゆうじ〔‐ユウヂ〕【和田雄治】

[1859~1918]気象学者。福島の生まれ。内務省地理局、のち中央気象台に勤務し、天気予報の創始に尽力。また、河川の出水調査、海流調査などにも業績がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和田雄治【わだゆうじ】

気象学者,海洋学者。岩代二本松藩士の子。寺尾寿,中村精男(きよお)とともに東京物理学講習所(東京理科大の前身)を創立。初代東京気象台予報課長。海流瓶(びん)の放流による日本近海海流の調査,朝鮮古代観測記録の研究が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田雄治 わだ-ゆうじ

1859-1918 明治-大正時代の気象学者,海洋学者。
安政6年9月4日生まれ。明治12年内務省地理局測量課にはいり,暴風警報・天気予報を創始した。37年日露戦争に際し,朝鮮に赴任して朝鮮王朝の観測記録を発掘。また海流瓶による調査で日本近海の海流をあきらかにした。大正7年1月5日死去。60歳。陸奥(むつ)二本松(福島県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和田雄治

没年:大正7.1.5(1918)
生年:安政6.9.4(1859.9.29)
明治期の気象学者,海洋学者。陸奥二本松藩(二本松市)の出身。東大の1期生。明治12(1879)年に内務省の地理局に勤務。22年からフランスへ留学,その年国際気象会議に出席して,国際暴風雨標の制定を提案。同時に中央気象台技師となる。26年からは,日本近海の海流調査を始め,初めてその実態を明らかにした。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わだゆうじ【和田雄治】

1859‐1918(安政6‐大正7)
気象学者,地球物理学者。福島県二本松の生れ。1879年(明治12)東京帝国大学理科大学物理学科卒業。内務省地理局測量課気象掛,後の中央気象台に職を得る。フランスに留学,万国博覧会に出品された海洋探検に関する事物に注目,海洋研究の重要さを痛感し,海流瓶による日本海付近の海流調査などの推進に力を入れる。このほか,気象台における種々の海洋調査研究に道を開いた。85年中央気象台予報課長に進み,日本の気象予報の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

わだゆうじ【和田雄治】

1859~1918) 気象学者。陸奥むつ二本松の人。内務省地理局・中央気象台などで、日本の天気予報事業の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田雄治
わだゆうじ
(1859―1918)

気象学者。二本松(福島県)の生まれ。1879年(明治12)東京大学理学部物理学科を卒業、同年内務省地理局測量課に入り、測地、天測のかたわら気象を担当、日本の暴風警報、天気予報の創始にあたった。1885年中央気象台予報課長となり、1904年(明治37)日露開戦に際し、官命により朝鮮に渡り、朝鮮および満州(中国東北部)各地に気象観測所を設け、軍事行動に多大の功績を収めた。在朝鮮中、15世紀以来行われた李朝(りちょう)の雨量計による気象観測についての記録をフランス語で発表(1910)、翌1911年これが英語訳され、世界的に有名になる。1915年(大正4)勇退して帰国し、その後は河川の出水調査、海流瓶による日本近海の海流調査などに関し、創始者的な業績を残した。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の和田雄治の言及

【海流瓶】より

…ビール瓶などに返信用はがきを封入して海洋に放流し,発見者に記入し返送してもらい,漂着の日時,場所から海流を調査するもので,日本では1893年に和田雄治らによって用いられたのが最初である。現在もプラスチックの容器に封じた漂流はがきが,内海の海流調査に多用されている。…

※「和田雄治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

和田雄治の関連キーワード福島県二本松市沖福島県二本松市表福島県二本松市郭内福島県二本松市木幡福島県二本松市作福島県二本松市関福島県二本松市竹田福島県二本松市峠福島県二本松市本町福島県二本松市油井

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone