コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クネーネ クネーネ Kunene, Mazisi

2件 の用語解説(クネーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クネーネ
クネーネ
Kunene, Mazisi

[生]1930.5.12. 南アフリカ連邦ダーバン
[没]2006.8.11. 南アフリカ共和国,ダーバン
アフリカ共和国の詩人。フルネーム Mazisi Raymond Kunene。ズールー族出身。ナタール大学で学んだのち,1959年イギリスロンドン大学へ転じ,ズールー語とその文化,歴史,特に伝統詩を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クネーネ
くねーね
Mazisi Kunene
(1930― )

南アフリカ共和国、ズールーランド出身の詩人。ナタール大学とロンドン大学東洋アフリカ研究所でズールー詩を研究後、アパルトヘイト反対運動に加わり、アフリカ民族会議ANC)の主要メンバーとなった。1970年(昭和45)と83年に来日し、アフリカ固有の「円環」circleの思想とアフリカ共同体理論を披瀝(ひれき)して、比較文化の視点から日本の文化人に強い衝撃を与えた。その後アメリカに渡り、アイオワ大学、スタンフォード大学客員教授を経て、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)教授となり、アフリカ文学を講じた。1991年アパルトヘイト法廃棄後の1993年に長い亡命生活に終止符を打って帰国し、ナタール大学で教えている。詩集に『ズールー詩集』(1970)、『先祖たちと聖なる山』(1982)があり、とくに19世紀南部アフリカに君臨した英明な啓蒙(けいもう)君主シャカの生涯をつづった叙事詩『偉大なる帝王シャカ』(1979)や、アフリカ創世紀の叙事詩『アフリカ創世の神話』(1981)などの作品にみられるように、口承文芸の文字化を通じて、アフリカ人伝承の世界観と価値体系を提示する仕事に意欲的に取り組んでいる。なお、帰国後、『カナリア岬――わがアフリカ』Umzwilili Wama-Africa(1996)など、ズールー語によるズールー文化紹介の著作を3冊出版した。[土屋 哲]
『土屋哲訳『偉大なる帝王シャカ』(1979・岩波現代選書) ▽松田忠徳編・訳『クネーネ詩集』(1973・飯塚書店) ▽竹内泰宏・くぼたのぞみ訳『アフリカ創世の神話』(1992・人文書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クネーネの関連キーワードブリンク中央アフリカ連邦南アフリカ戦争南ア戦争南アフリカ汎アフリカ主義南アフリカ連邦アフリカデー南アフリカワインパン・アフリカ連盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone