コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマのプーさん

百科事典マイペディアの解説

クマのプーさん

英国のA.A.ミルンの童話。1926年作。ミルンの息子クリストファーロビンと熊のぬいぐるみプー,ロバのイーヨーや子豚などが登場。空想と現実が巧みにないまぜられ,とぼけたユーモアをたたえる,20世紀の童話の最高傑作のひとつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

くまのプーさん【クマのプーさん】

《原題Winnie-the-Pooh》英国の童話作家ミルンによる童話集。1926年刊。著者の息子をモデルとした少年クリストファー=ロビンと、その友達である熊のぬいぐるみのプーたちが、森の中で穏やかな日々を過ごすさまを描く。日本での初訳は昭和15年(1940)で、石井桃子による。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマのプーさん
くまのぷーさん
Winnie-the-Pooh

A・A・ミルンの童話集。1926年刊。クリストファー・ロビンの部屋に集まるクマのプーをはじめとする縫いぐるみたちの物語。登場者たちは、それぞれ生き生きとした個性をもち、彼らが森の中で繰り広げる物語の世界は、子供たちが入り込んでともに遊べる、不思議に楽しい現実感にあふれている。ことば遣い、素材、構成など、詩作や劇作で磨いた作者のみごとな表現力に、風景画家アーネスト・シェパードによるユーモラスで物語性豊かな絵が加わって、子供にも大人にも愛される児童文学の傑作。続編に『プー横丁にたった家』(1928)がある。初訳は1940年(昭和15)石井桃子による。[松野正子]
『石井桃子訳『クマのプーさん・プー横丁にたった家』(1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クマのプーさんの関連キーワード大正天皇昭和ビシケクイギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎

クマのプーさんの関連情報