コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマワラビ Dryopteris lacera (Thunb.) O.Ktze.

2件 の用語解説(クマワラビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クマワラビ【Dryopteris lacera (Thunb.) O.Ktze.】

北海道の奥尻島と本州以南の暖地にふつうにみられるオシダ科多年生シダ植物イラスト)。常緑性で,太い根茎から数枚の葉を叢生(そうせい)する。葉は淡緑色で,2回羽状複生,楕円形から倒卵形で,長さ30~60cm。葉柄には淡褐色の大型鱗片が密生し,熊ワラビの和名は,その印象に基づく。中軸や羽軸には細くて小型の鱗片が,ややまばらに残る。葉脈は葉の表面で著しくくぼむ。胞子囊群は上部の羽片につき,この部分の葉面は退化・縮小する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマワラビ
くまわらび / 熊蕨
[学]Dryopteris lacera O. Ktze.

オシダ科の常緑性シダ。根茎は太く、ほぼ直立し、2回羽状複葉を束生する。葉柄は赤褐色で、卵状長楕円(ちょうだえん)形の鱗片(りんぺん)を密生。葉身は卵状長楕円形で、長さ60センチメートル、幅30センチメートル。葉脈の表面はくぼんで溝をつくる。胞子嚢(ほうしのう)群は上部の3分の1の羽片にだけつき、その羽片は縮小する。包膜は円腎(えんじん)形。日本各地の山林に生育する。同科のオクマワラビD. uniformisは葉柄の鱗片が黒褐色で、葉脈の表面がくぼまず、胞子嚢群は上半部の羽片につき、羽片は縮まない。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマワラビの関連キーワード奥尻島北海道南西沖地震足高蜘蛛沢小車すだ椎暖地虎斑木菟南天蝦夷蝉蝦夷梅雨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone