コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマワラビ Dryopteris lacera (Thunb.) O.Ktze.

2件 の用語解説(クマワラビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クマワラビ【Dryopteris lacera (Thunb.) O.Ktze.】

北海道の奥尻島と本州以南の暖地にふつうにみられるオシダ科多年生シダ植物イラスト)。常緑性で,太い根茎から数枚の葉を叢生(そうせい)する。葉は淡緑色で,2回羽状複生,楕円形から倒卵形で,長さ30~60cm。葉柄には淡褐色の大型鱗片が密生し,熊ワラビの和名は,その印象に基づく。中軸や羽軸には細くて小型の鱗片が,ややまばらに残る。葉脈は葉の表面で著しくくぼむ。胞子囊群は上部の羽片につき,この部分の葉面は退化・縮小する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマワラビ
くまわらび / 熊蕨
[学]Dryopteris lacera O. Ktze.

オシダ科の常緑性シダ。根茎は太く、ほぼ直立し、2回羽状複葉を束生する。葉柄は赤褐色で、卵状長楕円(ちょうだえん)形の鱗片(りんぺん)を密生。葉身は卵状長楕円形で、長さ60センチメートル、幅30センチメートル。葉脈の表面はくぼんで溝をつくる。胞子嚢(ほうしのう)群は上部の3分の1の羽片にだけつき、その羽片は縮小する。包膜は円腎(えんじん)形。日本各地の山林に生育する。同科のオクマワラビD. uniformisは葉柄の鱗片が黒褐色で、葉脈の表面がくぼまず、胞子嚢群は上半部の羽片につき、羽片は縮まない。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone