コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモノスカビ

4件 の用語解説(クモノスカビの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

クモノスカビ

 リゾプス属ともいう.接合菌類の一種.食品を劣化させるが,強力なアミラーゼを生産するのでそれをアルコール製造などに利用する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クモノスカビ

接合菌類ケカビ科のカビ。有機物の多い土の表面,植物体などにつく。クモの巣状に広がる菌糸の所々に節(ふし)があり,そこから仮根と,先端に球状,黒褐色の胞子嚢をつけた数本の子嚢柄をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クモノスカビ【Rhizopus】

接合菌類ケカビ科のカビ。菌糸はクモの巣状に生えひろがり,アーチ状につるを出し,このつるがイチゴの匍匐(ほふく)枝のようにところどころの物につき,そこに根のような短い枝を出して付着する。根状のところから空中に胞子囊柄がのび上がり,先がふくらんで無数の胞子をふくんだ青黒色の胞子囊となる。雌雄異株の種類と同株の種類があり,菌糸間に接合により接合胞子ができる。代表種にR.stolonifer (Ehr.ex Fr.) Lind(=R.nigricans Ehrenberg),R.arhizus Fischer,R.sexualis (Smith) Callen(雌雄同株)などがあり,ケカビと同様に自然界に広く分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモノスカビ
くものすかび
[学]Rhizopus

接合菌類、ケカビ目に属するカビ。自然界に広く分布し、肉眼的外観がくもの巣状を呈するのでこの名がある。菌糸は食品などの基質の表面をイチゴの匍匐枝(ほふくし)のように伸長し、基質との接点に仮根を下ろすためにハイカビともいう。菌叢(きんそう)は初め雪白色であるが、のちに灰白色となる。胞子嚢(ほうしのう)柄は仮根を下ろした菌糸の節から1本または数本生じ、先端に球状の胞子嚢を着生する。胞子嚢は初め白色、のち黒色となり、多数の胞子嚢胞子を包んでいる。成熟すると胞子嚢は裂け、空中に胞子が飛散する。有性生殖は接合胞子によって行われる。雌雄異株が普通であるが、同株のものもある。この属のカビはアミロ発酵、有機酸発酵などに利用される。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クモノスカビの関連情報