コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラッド板 クラッドばん

2件 の用語解説(クラッド板の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クラッド板【クラッドばん】

異種の金属を全面にわたってはり合わせた板材。片面のみをクラッドcladとした2層,両面ともクラッドにした3層複合材料などがある。熱膨張率の異なる2種類の金属片を重ねたバイメタルクラッド板の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラッドばん【クラッド板 clad plate】

異種金属を全面にわたって接合し,両者の性質を利用するように作られた板材。被せ金(きせがね)ともいう。片面クラッドの二層,または両面クラッドの三層複合材料として用いられ,特殊用途には異なった材料を順次重ね合わせた多層板も作られる。19世紀後半にはすでに,軟らかい靱性(じんせい)のある低炭素鋼と硬い焼入れ性のよい高炭素鋼とのはり合せ材ですき(鋤)くわ(鍬)を作った歴史がある。温度調節用の接点として多用されているバイメタルも,熱膨張率の異なる2種の合金をはり合わせたクラッド板である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラッド板の関連キーワード接合藻類鍛接賢者の石全面的半田付け真帆鑞付け其処となし摩擦攪拌接合

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone