コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラヨバ Craiova

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラヨバ
Craiova

ルーマニア南西部,ドルジ県 (面積 7413km2。人口 76万 1100〈1992推計〉) の県都。南カルパート山脈に発するジウ川がルーマニア平野に出るジウ渓谷の入口に位置する。ルーマニア西部の産業,文化の中心地。町は古代ダキアの要塞跡に建てられ,15~18世紀にはクラヨバ総督 (バン) の居地で,ワラキア公国の政治の中心地となった。 19世紀に穀類の集散地として発展。第2次世界大戦後,電機,農機,食品加工の工場や火力発電所が建設され,工業都市として面目を一新。ブカレストティミショアラ間の鉄道,道路の最大の結節点。 100年以上の伝統をもつ劇場,1651年に建設された聖ドゥミトル聖堂,1966年創立の総合大学,博物館などがある。 77年3月の地震で市の中心部が破壊されたが復興している。人口 30万 3520 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クラヨバ

ルーマニア南西部,ワラキア地方の都市。ジウ川沿岸にあり,行政・経済・文化の中心地。食品・織物工業のほか,1960年以後は重工業基地として,機械・機関車・自動車・航空機化学工業が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラヨバ【Craiova】

ルーマニア南部の都市。ルーマニア平原西部に展開するオルテニア平野を流れるジウ川左岸に位置するドルジュ県の県都。人口30万7000(1984)。標高137m,年平均気温10.8℃。ダキア時代からの定住地で,中世以後,オルテニア地方の政治・経済・文化の中心地である。現在,発電機,機関車,石油・鉱山機械,トラクター製造の工業が発達する。大学や研究機関,劇場や博物館などがあり,また16~17世紀の古い教会も残る文化都市である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラヨバの関連キーワードマチェドンスキールーマニア

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android