コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラヨバ クラヨバ Craiova

3件 の用語解説(クラヨバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラヨバ
クラヨバ
Craiova

ルーマニア南西部,ドルジ県 (面積 7413km2。人口 76万 1100〈1992推計〉) の県都。南カルパート山脈に発するジウ川がルーマニア平野に出るジウ渓谷の入口に位置する。ルーマニア西部の産業,文化の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラヨバ

ルーマニア南西部,ワラキア地方の都市。ジウ川沿岸にあり,行政・経済・文化の中心地。食品・織物工業のほか,1960年以後は重工業基地として,機械・機関車・自動車航空機化学工業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラヨバ【Craiova】

ルーマニア南部の都市。ルーマニア平原西部に展開するオルテニア平野を流れるジウ川左岸に位置するドルジュ県の県都。人口30万7000(1984)。標高137m,年平均気温10.8℃。ダキア時代からの定住地で,中世以後,オルテニア地方の政治・経済・文化の中心地である。現在,発電機,機関車,石油・鉱山機械トラクター製造の工業が発達する。大学や研究機関,劇場や博物館などがあり,また16~17世紀の古い教会も残る文化都市である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラヨバの関連キーワードルーマニア革命クルージュナポカ正教大聖堂スケイ地区聖ニコラエ教会ナポカルーマニア地震ルーマニア狂詩曲ルーマニアン・シープドッグバルトーク:ルーマニア民俗舞曲/piano soloアルーマニア人

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone