コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレ クラレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレ

合成繊維メーカー。 1926年倉敷絹織として設立。 34年日本化学製糸,35年中国レーヨンを合併。 49年倉敷レイヨンと改称。 51年日本紡織,64年玉島レイヨンを合併,70年現社名に変更。 73年クラレクラベラ,74年クラレイソプレン,84年日本ベルクロ,87年クラフレックス,89年協和ガス化学工業の各社を合併。事業では 50年ポバール,ビニロンの操業開始,64年クラレエステルの操業を開始し,またビニロンプラントを中国に輸出した。 66年人工皮革クラリーノ」生産開始。 69年ポリエステルフィラメント「クラベラ」生産開始。 70年イソプレンゴムの企業化に乗出した。近年,医療材料や精密化学品の分野の拡充が目覚ましい。売上構成比は,繊維関連 32%,機能性樹脂など 27%,ファインケミカルなど 17%,人工皮革など 12%,その他 12%。年間売上高 3364億 6500万円 (連結。うち輸出 27%) ,資本金 805億 7000万円,従業員数 4621名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クラレ(curare)

フジウツギ科の植物から得られる黒色の樹脂状抽出物。多くのアルカロイドを含み猛毒。運動神経末端を麻痺(まひ)させる。精製して麻酔などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

クラレ

正式社名「株式会社クラレ」。英文社名「KURARAY CO., LTD.」。化学工業。大正15年(1926)「倉敷絹織株式会社」設立。昭和24年(1949)「倉敷レイヨン株式会社」に改称。同45年(1970)現在の社名に変更。東京本社は東京都千代田区大手町。化成品・化学繊維会社。創業事業は化学繊維レーヨンの製造。独自の開発力で液晶パネル向け機能性樹脂や人工皮革「クラリーノ」など多彩に商品展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード3405。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

クラレの関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎伊藤大輔

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラレの関連情報