コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラーマン クラーマンClurman, Harold

3件 の用語解説(クラーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラーマン
クラーマン
Clurman, Harold

[生]1901.9.18. ニューヨーク
[没]1980.9.9. ニューヨーク
アメリカの演出家,劇評家。コロンビア大学卒業。 1925年シアター・ギルドに加わり舞台監督助手をつとめた。 31年にグループ・シアターを結成,スタニスラフスキー・システムによる演出を実践するとともに,C.オデッツ,W.サローヤン,I.ショーら若い新しい劇作家の作品を紹介し,また E.カザンらを世に送り出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラーマン【Harold Edgar Clurman】

1901‐80
アメリカの演出家,劇評家。1931年に結成された意欲的な劇団グループシアターの中心として,オデッツやポールグリーンの作品を上演。さらにブロードウェーでA.ミラーオニールなどの劇を演出して,アメリカのリアリズム演劇の確立に貢献した。他方,若いときにフランスの演出家J.コポーに学んだ経験を生かして,アヌイジロードゥーなどフランス作家の英語圏への紹介にも努めた。1968年には来日して劇団雲のためにオニールの《氷屋来る》を演出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラーマン
くらーまん
Harold Edgar Clurman
(1901―1980)

アメリカの演出家、劇評家。大学卒業後パリへ留学、J・コポーの下で演出を学ぶ。帰国後シアター・ギルドを経て、リー・ストラスバーグらとグループ・シアター(1931~41)を創設、1930年代アメリカ社会劇の興隆に貢献した。劇団からは劇作家オデッツ、演出家カザンらが育った。劇団の歴史は著書『情熱の歳月』に詳しい。後年は劇評にも健筆を振るう一方、オニール劇上演のため二度来日した。[一ノ瀬和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラーマンの関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラーマンの関連情報