クリタマバチ(英語表記)Dryocosmus kuriphilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリタマバチ
Dryocosmus kuriphilus

膜翅目タマバチ科。雌の体長 2mm内外。雄は発見されていない。体は褐色を帯びた黒色で,頭楯,大腮,触角,肢は褐色である。全体なめらかで光沢があり,特に腹部は著しい。胸部は後方にせばまり,腹部は側扁する。前伸腹節に3条の隆起がある。翅は透明。産卵管は長く後方に突出する。6~7月頃出現し,クリの新芽に産卵し,2~3日で死ぬ。幼虫は球状虫 癭 (ちゅうえい) をつくり,その中で越冬し,5~6月に蛹化する。 1941年頃に初めて岡山県で発見され,その後本州,四国,九州の各地に広がった。クリの大害虫として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリタマバチ

膜翅(まくし)目タマバチ科の昆虫の1種。体長約3mm,黒褐色。日本では1941年岡山県で初めて発見されてから急激に広がり,本州,四国,九州に分布。クリの大害虫で,成虫は初夏に発生し,クリの越冬芽に産卵。雌だけで単為生殖を行う。幼虫は越冬芽中で冬を越す。翌春発芽した芽は淡紅色,球状の虫こぶとなる。このため寄生された木は開花不能になり,枯死することもある。
→関連項目タマバチ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリタマバチ
くりたまばち / 栗
chestnut gall-wasp
[学]Dryocosmus kuriphilus

昆虫綱膜翅(まくし)目タマバチ科に属する昆虫。1941年(昭和16)岡山県のクリ栽培地帯に突然発生し、またたくまに西日本一帯から関東、東北地方にまで広がり、栽培クリや野生クリに大被害を与えた害虫。55年(昭和30)ごろが被害のピークであった。近年の調査により、日本のクリタマバチは中国から侵入したことが明らかになったが、たぶん密輸されたクリ苗について侵入したものと推定される。韓国にも発生しているが、近年アメリカにも侵入定着した。クリタマバチは雌バチだけで単為生殖により繁殖し、雄バチはみつかっていない。体長約3ミリメートル、黒色で光沢がある。年1回の発生で、成虫は梅雨直後に出現し、葉柄基部の腋芽(えきが)内に数卵ずつ産卵する。産卵数は平均300粒。腋芽はそのまま越冬し、翌春に枝葉の伸長期に急にこぶ状に膨れる。このこぶは虫こぶとよばれ、桃色で人差し指の指先ほどの大きさになる。クリタマバチの幼虫はその中で成長する。
 抵抗性のクリの品種である銀寄(ぎんよせ)などの普及、野生クリの伐倒、天敵の増加(ほかのタマバチなどを攻撃していた日本在来のクリマモリオナガコバチほか数種の寄生バチがクリタマバチに寄生する)などで、被害もいちおう収まった。ところが、75年ごろからクリタマバチにバイオタイプが出現し、いままで抵抗性であった銀寄などに被害が目だち始め、新たな問題がおこってきている。[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android