コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュシッポス クリュシッポスKhrysippos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュシッポス
Khrysippos

[生]前280頃.キリキアソロイ
[没]前206頃
ギリシアの哲学者ストア派第3代の学頭。アテネにおもむきゼノン,クレアンテスに,また中期アカデメイアでアルケシラオスらに学び弁証家としての才能を磨いた。彼は純粋論理に真の学問的興味をいだいたおそらく唯一のストアの徒であり,彼以前の論理学説を整理し命題論理学の基礎を築いた。 700以上もの論文を著わしたが断片が残っているだけである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クリュシッポス(Chrysippos)

[前280ころ~前207ころ]古代ギリシャの哲学者。ストア学派の第3代学頭。同学派の学説を初めて体系化した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クリュシッポス【Chrysippos】

前280ころ‐前206ころ
ヘレニズム期のギリシア哲学者。キプロスのゼノンクレアンテスとともにストア学派を創立し,第3代の学頭となった。世界は神的ロゴスに支配されており,あらゆる不幸はこのロゴスの秩序からの逸脱であるから,魂の幸福のためにロゴスの学つまり論理学を修得しなければならないと説いた。彼にとって論理学は同時に神学であり,宇宙論であり,倫理学だった。近年,彼の〈命題論理学〉が注目を集めている。【大沼 忠弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリュシッポスの関連キーワードディオゲネス[セレウケイア]ゼノン[タルソス]ディカイオシュネーディオゲネステュエステスライオス摂理

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリュシッポスの関連情報