コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュシッポス クリュシッポス Khrysippos

3件 の用語解説(クリュシッポスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュシッポス
クリュシッポス
Khrysippos

[生]前280頃.キリキアソロイ
[没]前206頃
ギリシアの哲学者,ストア派第3代の学頭。アテネにおもむきゼノンクレアンテスに,また中期アカデメイアアルケシラオスらに学び弁証家としての才能を磨いた。彼は純粋論理に真の学問的興味をいだいたおそらく唯一のストアの徒であり,彼以前の論理学説を整理し命題論理学の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クリュシッポス(Chrysippos)

[前280ころ~前207ころ]古代ギリシャの哲学者。ストア学派の第3代学頭。同学派の学説を初めて体系化した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クリュシッポス【Chrysippos】

前280ころ‐前206ころ
ヘレニズム期のギリシア哲学者。キプロスゼノンクレアンテスとともにストア学派を創立し,第3代の学頭となった。世界は神的ロゴスに支配されており,あらゆる不幸はこのロゴスの秩序からの逸脱であるから,魂の幸福のためにロゴスの学つまり論理学を修得しなければならないと説いた。彼にとって論理学は同時に神学であり,宇宙論であり,倫理学だった。近年,彼の〈命題論理学〉が注目を集めている。【大沼 忠弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリュシッポスの関連キーワードアタラクシアギリシャ哲学ヘレニズム北キプロス南キプロスEOKAキプロス問題キプロスの分断問題ゼノン[キプロスの]ヘレニズム美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クリュシッポスの関連情報