コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリンソウ(九輪草) クリンソウPrimura japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリンソウ(九輪草)
クリンソウ
Primura japonica

サクラソウ科の多年草。日本各地の山地,特に沢筋や湿地などに自生する。長さ 12~20cmの大きな匙形の根出葉をもち,5月から6月初めに株の中心から高さ 30~60cmもの花茎を伸ばす。花は何段にも輪生状につき,各段に6~10花が並ぶ。この様子を五重の塔九輪にたとえたのが和名である。日本産のサクラソウ属のなかでは最も大型で華麗であり,観賞用に栽培されることもある。花色は普通は濃紅色であるがピンクや白もあり,改良された園芸品種には花径 3cmをこえる大輪のものもある。なお,平地で栽培した場合は春に咲く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリンソウ(九輪草)の関連キーワードサクラソウ(桜草)サクラソウ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android