コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレチアン・ド・トロア クレチアン・ド・トロア Chrétien de Troyes

2件 の用語解説(クレチアン・ド・トロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレチアン・ド・トロア
クレチアン・ド・トロア
Chrétien de Troyes

[生]1135頃
[没]1190頃
フランスの叙事詩人。騎士道物語に新境地を開いた。作品から知る以外その生涯は不明だが,聖職者の教育を受けたらしい。マリー・ド・シャンパーニュらの庇護を受け,1158年頃からオウィディウスの作品の翻案などで創作を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレチアン・ド・トロア
くれちあんどとろあ
Chrtien de Troyes
(1135ころ―85ころ)

フランス中世最大の韻文物語作家。初めは『愛の技術』などオウィディウスのラテン語作品の翻訳や、マルク王とイズーの物語を書いたと自作のなかで述べているが伝存しない。1165年ころ長編『エレクとエニード』を書き、フランスにおけるアーサー王物語群の事実上の創始者となった。これは、妻への愛におぼれて騎士の道を踏み迷った主人公が冒険のすえに自己を回復する夫婦愛の物語。次作『クリジェス』(1176ころ)は、夫の甥(おい)を愛した王妃が真実の愛を貫いて幸福な結末に至る物語。いずれも、南仏叙情詩人(トルーバドゥール)たちが称揚した精美の愛(フィナモール)が不倫の恋の追求であったのと好対照をなす。70年代後半に『ランスロあるいは荷車の騎士』(末尾部は別の詩人の筆)、『イバンあるいは獅子(しし)の騎士』を書いたのち、80年代にフランドル伯フィリップから与えられた種本をもとに『ペルスバルあるいは聖杯の物語』に着手。これは、素朴で粗野な若い騎士が不思議な城で神秘的試練に遭遇する物語。敬虔(けいけん)な宗教性に特色があり、新境地を思わせる作品だが、9000行を費やしながら未完に終わっている。[天沢退二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クレチアン・ド・トロアの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone