コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレマンソー Clemenceau, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレマンソー
Clemenceau, Georges

[生]1841.9.28. バンデー,ムイユロンアンバレ
[没]1929.11.24. パリ
フランスの政治家。医師の子に生れ,ナントとパリで医学を修め,1865~69年渡米,70~71年にパリ 18区 (モンマルトル) の区長に就任。 71年下院議員に選ばれたが,ドイツとの講和条約に反対。 76~93年に急進共和派議員在任中,左派論客として次々と内閣を倒し,「虎」の異名を取り,特にドレフュス事件での正義のための論争で名声を博した。 1903年上院議員,06~09年首相に就任,対独強硬政策を推進,国内ではストライキを軍隊により鎮圧した。 09年海軍問題の討議において敗れ首相を辞任したが,その後対独戦準備を主張し,第1次世界大戦中の 17年に再度首相に就任,危機を転じて勝利に導いた。パリ講和会議議長となり,フランスの立場を主張。議会でその独裁的傾向を批判され,20年大統領選に立候補して敗れ,首相を辞任,政界を引退した。晩年には文筆活動に入った。主著『デモステネス』 Démosthène (1926) ,『わが思索の黄昏に』 Au soir de la pensée (27) ,『勝利の栄誉と悲惨』 Grandeurs et misères d'une victoire (30) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クレマンソー(Georges Clemenceau)

[1841~1929]フランスの政治家急進社会党に属して活躍、「虎(とら)」とあだ名された。1906年、首相になると保守化し、国家と教会とを分離する一方、労働運動弾圧。第一次大戦中、再び首相となって連合軍を勝利に導き、パリ講和会議ドイツに過酷な制裁を要求した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クレマンソー

フランスの政治家。急進社会党指導。雄弁をもって次々と保守派内閣を倒し,〈虎〉とあだ名された。新聞《オロール(あけぼの)》を主宰。ドレフュス事件の際にはゾラの一文をのせ弁護にも活躍。
→関連項目パリ平和会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

クレマンソー

《Clemenceau》フランス海軍の航空母艦。クレマンソー級航空母艦の1番艦。1961年就役。1980年代のイラン・イラク戦争、1990年代の湾岸戦争などに参加。1997年退役。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレマンソー【Georges‐Benjamin Clemenceau】

1841‐1929
フランスの政治家。医学を学んだが,普仏戦争敗戦後,帝政崩壊の混乱期に,パリのモンマルトル区長として政界に入り,1871年下院議員に当選した。当時極左派とされた急進社会主義派に属し,〈フランス革命の完成〉を叫び,民主的共和制実現への努力を怠る〈日和見主義〉派諸内閣を〈議論の暴力〉とまでいわれた弁舌で倒壊させ,〈虎〉とあだ名されて恐れられた。また80年代後半のブーランジェ事件や90年代から1900年代にかけてのドレフュス事件では共和制防衛,人権の擁護に立ち上がった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クレマンソー【Georges Clemenceau】

1841~1929) フランスの政治家。第一次大戦末期に首相として戦争継続を指導。戦後、パリ講和会議を主導しドイツへの厳しい制裁を主張した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレマンソー
くれまんそー
Georges Benjamin Clemenceau
(1841―1929)

フランスの政治家。9月28日バンデー県生まれ。初め医を業としたが、パリ・コミューン(1871)直前、パリ第18区(労働者街モンマルトル)長に選ばれて内戦回避に努力したのが、政治の世界に入る第一歩となった。1871年代議士に当選。コミューン派弾圧後の社会主義者を欠く議会内にあって最左翼の急進社会主義派(正確には社会主義的急進派)に投じた。彼の政治理念は「民主的共和制下のフランス国家」「大革命以来の民主的共和制の故郷であるフランス国家の強化、防衛」であった。彼の敵は、対外的にはアルザス・ロレーヌを奪取したドイツであったが、対内的には第一に、初心のジャコバン的伝統・理念を忘却して、民主的改革を怠る保守化した旧急進派(日和見(ひよりみ)主義派とよばれた)であり、この意味でポアンカレとは終生の政敵関係に立った。1880年代、この派の諸内閣を雄弁の力一つで次々に倒していき、「虎(とら)」の異名をもって恐れられた。国内第二の敵は、秩序を乱す暴力的労働運動と、それと結んだ「祖国をもたぬ」社会主義であった。ブーランジェ事件(1887~1889)、ドレフュス事件(1894~1899)における共和制防衛、人権擁護の闘士と、峻烈(しゅんれつ)な労働運動弾圧者が、彼の内に同居していたといえる。
 第一次世界大戦末期、クレマンソーのこの本領が発揮された。当時フランス国民は長い戦いに倦(う)み、兵士の間に厭戦(えんせん)・反戦思想が広がり、前線は崩壊に瀕(ひん)していた。大統領ポアンカレは、1917年11月あえて政敵クレマンソーを、その鉄腕に期待して首相に任命した。クレマンソーもよくこれにこたえ、参謀総長に信頼するフォッシュを据えて国務と統帥を緊密化し、カイヨーに代表される和平論者を投獄して反戦運動を徹底的に弾圧し、前線では逃亡・抗命兵士を即決裁判で銃殺に処するなど、強硬方策をとり、ついにフランスを勝利に導いた。しかし平和条約では、英米の反対にあってライン川左岸の獲得にも、ドイツの徹底的弱体化にも失敗し、不本意な調印を余儀なくされた。1920年大統領選に敗れて政界を去った。1929年11月24日パリにて死去。[石原 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクレマンソーの言及

【第1次世界大戦】より

…そのうち日本は首席全権として西園寺公望を送ったがアジアと太平洋問題の討議のみに関与し,イタリアはアドリア海沿岸のフィウメの帰属問題のみに執心を示したので,他の懸案はすべて米英仏三大国によって決せられた。 ドイツ問題ではウィルソンの理想主義は強硬な対独懲罰主義者のフランス首相G.クレマンソーに押し切られた。イギリス首相ロイド・ジョージは両者を仲裁すべき立場にあったが,戦時中に鼓舞激励した国民の期待を裏切れず,結局フランスの主張に同調した。…

【ベルサイユ体制】より

…それ以外の22国は,〈特殊的利害をもつ交戦国〉として区別され,それぞれの国に関係のある会議にだけ招かれるにとどまり,しかもその際にも実質的な発言力は与えられなかった。国境画定をめぐってルーマニアの代表が不満を述べたてたときにフランス首相のクレマンソーが,〈いったい誰のおかげで戦争に勝ったと思っているのか〉とどなりつけた一幕は,このような力関係を物語るものである。しかも,〈五大国〉のうち日本はほとんど発言せず,イタリアは途中で代表のV.E.オルランドが帰国してしまうというようなことで,事実上,日伊両国は脱落してしまう。…

※「クレマンソー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレマンソーの関連キーワードポアンカレ(Raymond Nicolas Landry Poincaré)タルデュー(André Tardieu)モネ(Claude Monet)ジャン・フランソワ ラファエリドレフュス事件(フランス史)シャルル・ドゴール級航空母艦A.P.G.A. タルデュー第一次世界大戦史(年表)R.N.L. ポアンカレ急進社会党[フランス]フランス史(年表)ルネ ビビアーニヨセフ カイヨー第二次世界大戦G. エルヴェ西園寺 公望ブーランジェデュマ[子]サン・パウロリシュリュー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレマンソーの関連情報