コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロガネモチ

2件 の用語解説(クロガネモチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クロガネモチ

モチノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロガネモチ
くろがねもち / 黒鉄黐
[学]Ilex rotunda Thunb.

モチノキ科の常緑高木。高さ20メートルにも達し、モチノキ属のなかではもっとも大きくなる。樹皮は灰褐色、若枝は紅紫色を帯びる。葉は質が厚く、光沢があり、楕円(だえん)形、長さ5~9センチメートル。雌雄異株。花は5~6月、当年枝の葉腋(ようえき)から出た散形花序につき、淡紫色を帯びる。山野に生え、茨城県、福井県以西の本州、四国、九州、沖縄から朝鮮、中国などに分布する。モチノキに似て葉が乾くと鉄色になるのでこの名がある。材は器具材とし、樹皮からトリモチや染料をとる。庭木として普通に栽培される。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロガネモチの言及

【イヌツゲ】より

… イヌツゲに似て石果の赤いウシカバ(別名クロソヨゴ)I.sugerokii Max.とその北方系変種アカミノイヌツゲvar.brevipedunculata S.Huが南千島,北海道,本州,四国に分布し,茨城・新潟両県以西の日本と台湾,中国には赤い石果が3~5cmの柄で垂れるソヨゴI.pedunculosa Miq.が分布する。クロガネモチI.rotunda Thunb.は外観がモチノキに似るが,小枝と葉柄は紫色を帯び,暖地では庭園樹として利用される。【浜谷 稔夫】。…

【モチノキ】より

…材は淡緑白色で堅く緻密均質で光沢があるので,ろくろ細工,櫛(くし),印材とする。剪定,栽培が容易なのでよく庭園のかなめの木として用いられるが,すす病にかかりやすい欠点があり,近年はすす病に強いクロガネモチI.rotunda Thunb.(中国名,鉄冬青)の方が喜ばれる。関東,北陸から台湾,中国,インドシナまでの沿海地に多い。…

※「クロガネモチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロガネモチの関連情報