クロタネソウ

百科事典マイペディアの解説

クロタネソウ

ニゲラとも。地中海沿岸地方原産のキンポウゲ科一年草。草たけ50cmくらいで,葉は3〜4回羽状に細裂する。6〜7月,淡青色または白色萼片が5枚花弁状になった花を枝端に開く。半八重咲品種もあり,花色も桃や紫のものが見られるようになった。果実球形にふくらみ,黒く小さい種子には芳香がある。秋まきして花壇につくるほか,切り花鉢物(矮(わい)性品種)として利用され,あるいは果実がドライフラワーに用いられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロタネソウ
くろたねそう
[学]Nigella damascena L.

キンポウゲ科の一年草。一般には属名のニゲラでよばれる。南ヨーロッパ原産。高さ約50センチメートル、よく分枝して茂る。葉は羽状細裂する糸状葉で、5~6月、茎上に径3~4センチメートルの花を上向きに単生する。花弁はなく、萼片(がくへん)が花弁状となり、細裂する包葉片に囲まれる。果実は大きく風船状に膨らみ、中に黒色の種子があり、この種子はメロン様の芳香がある。種子は暗発芽性種子(暗闇(くらやみ)で発芽する)として知られている。
 秋播(ま)き一年草として扱われ、9月に播種(はしゅ)し、冬季は霜よけをする。寒地では春播きにする。花壇、切り花用とする。クロタネソウ属は地中海沿岸から中央アジアにかけて20種ほど分布し、クロタネソウ以外にN. hispanica L.などいくつかは観賞用とされるほか、N. sativa L.のように蔬菜(そさい)用または種子を調味料とするために栽培されるものもある。[柳 宗民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクロタネソウの言及

【ニゲラ】より

…南ヨーロッパ原産のキンポウゲ科の一・二年草(イラスト)。和名はクロタネソウ。5月に咲く青または淡紅色,白色の花の形と,羽状に細かく裂けた柔らかい葉の感じが喜ばれる。…

※「クロタネソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android