コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロム酸混液 クロムサンコンエキ

百科事典マイペディアの解説

クロム酸混液【クロムさんこんえき】

二クロム酸カリウム(または二クロム酸ナトリウム)の飽和溶液と濃硫酸との混合溶液。ガラス器具などの有機物のよごれの洗浄に使用する。ただし酸化力が強いので,手や衣服に付着しないよう注意する必要がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロムさんこんえき【クロム酸混液 chromic acid mixture】

二クロム酸カリウムK2Cr2O7または二クロム酸ナトリウムNa2Cr2O7の飽和水溶液と濃硫酸との混合溶液をいう。古くから化学実験室でのガラス器具洗浄剤としてよく用いられてきた。各種ガラス器具(ピペット,ビュレット,フラスコなど)をこの液に1昼夜程度つけておき,水でゆすぐと,水や酸などではとれない有機物などによる汚れがよく落ちる。しかし6価クロムを含む酸性溶液なので,そのまま下水道に流すことは禁じられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クロムさんこんえき【クロム酸混液】

二クロム酸カリウムの飽和溶液に濃硫酸を混合した暗橙赤色の溶液。酸化力が強く、磁器やガラス器具などの有機物による汚れをとるために用いたが、六価クロムによる環境汚染の危険があり、現在は使われない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロム酸混液
くろむさんこんえき
chromic acid mixture

二クロム酸カリウムの飽和溶液と濃硫酸(試薬はいずれも工業用でよい)との混合溶液をいう。主としてガラス容器の汚れを取り除くために用いる洗浄液でクリーニング溶液ともいう。
 溶液中に生じている酸化クロム()またはポリクロム酸イオンが酸性溶液中で酸化作用をもつので、ガラス器具類に付着した有機物の汚れを酸化分解し、器具を清浄にする働きを示す。小形の器具類はこの液を入れた洗浄槽中につけ、大形のものや容量分析に用いる測容器類はこの液を満たして、一夜放置する。清浄にしたガラス器具類はよく水洗し、最後に蒸留水で洗浄し、必要ならば乾燥して使用する。この洗浄液は何回も使えるので、使用のつど洗浄槽に戻す。長期間の使用によってクロム()塩が緑色を帯びてきたら効力がないので、新しくつくりかえる。
 この液は有機物を酸化分解する作用が強いから、手とか実験衣類につけないように十分注意する。もし誤って衣服類に洗浄液がついたら、多量の水で洗い流し、炭酸ナトリウムなどで中和しておく。硫酸は揮発性が小さいので乾燥すると衣類に穴があくことがある。なおクロム()化合物(六価クロム)は有害で、下水道の排水基準が厳しいので、廃液を下水に流してはいけない。クロム酸混液は洗浄力が強い利点があるが、このようにいくつかの欠点があるので、最近は表面活性剤を基剤とする洗浄液が用いられるようになっている。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロム酸混液の関連キーワードビュレット六価クロムピペットフラスコ磁器

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android