コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロユリ(黒百合) クロユリFritillaria camtschatcensis; Kamchatka lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロユリ(黒百合)
クロユリ
Fritillaria camtschatcensis; Kamchatka lily

ユリ科バイモ属の多年草。ユリの名はあるがユリ属ではない。古くからいろいろな伝説を生み,また高山植物として珍重されている。本州中部以北の高山草地に生えるが,北海道以北では海岸などにも群落をつくる。鱗茎は直径 1.5~3cmの白色扁球形。茎は直立し高さ 20~30cmで,なかほどには4~5枚の葉が2~3段輪生し,上部では数枚の葉が互生する。葉は披針形で長さ5~8cm,葉柄はなく先端はやや鈍い。7月頃,茎頂に広い鐘形の花を1個下向きにつける。長さ 3cm内外となり,暗紫色で一種の臭みがある。カムチャツカ,千島,サハリン,ウスリー地方からアラスカにまで分布し,鱗茎は先住民の食用に利用される。この属の植物にはバイモ,コバイモなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロユリ【クロユリ(黒百合) Kamchatka fritillary】

黒紫色の花をつけるユリ科の多年草(イラスト)。ユリに近縁なバイモ属の植物である。草丈10~30cm。葉は輪生し,2~3段につく。地下に小球状の多数の鱗片よりなる鱗茎がある。アイヌは,これを食用にしたという。花は,やや下垂し,鐘状で,暗赤褐色~黒紫色,内側は外側より,網目状や斑点の模様が顕著である。花被片の内面基部に蜜腺があり,臭気がある。おしべは6本。花期は,低地では春,高山では7~8月。本州と北海道の高山産のものは二倍体植物(2n=24)で,花は通常1~2個つき,ミヤマクロユリといわれることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone