コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロルジアゼポキシド クロルジアゼポキシドchlordiazepoxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロルジアゼポキシド
chlordiazepoxide

マイナートランキライザ(抗不安剤。→トランキライザ)の一つ。ジアゼパム,ニトラゼパム,オキサゼパム,オキサゾラム,メダゼパムなどとともに,ベンゾジアゼピン誘導体(類似体を含む)に属する。静穏作用と骨格筋弛緩作用があり,催眠作用は強くない。抗けいれん作用は弱いが認められ,大脳辺縁系抑制作用がある。行動に対する作用の強さはクロルプロマジンメプロバメートの中間である。作用のピークは服用後数時間で,体内にとどまる時間が比較的長いため,蓄積効果がある。副作用は少ないが,量が多くなると眠気,嗜眠(→意識障害),運動失調がみられ,連用により身体依存(→薬物依存)の現れることがある。(→向精神薬

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロルジアゼポキシド
くろるじあぜぽきしど
chlordiazepoxide

穏和精神安定剤(マイナートランキライザー、抗不安剤)の代表的な薬物で、ベンゾジアゼピン誘導体の一種。白色ないし淡黄色の結晶または結晶性粉末で、においはなく味は苦い。神経症の治療薬である。大脳辺縁系、とくに海馬、扁桃(へんとう)核に抑制的に作用し、正常な意識や行動に影響を及ぼすことなく、神経症などにみられる不安、いらいら、緊張などの情動異常を改善し、鎮静、緊張除去作用を有する。また、自律神経安定化作用もある。市販名「コントール」「バランス」が有名。1錠5ミリグラム、10ミリグラム、また10倍散もある。1日20~60ミリグラムを2~3回に分けて服用する。処方せん医薬品である。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クロルジアゼポキシドの関連キーワードシメチジン鎮静薬