クローズ(英語表記)Close, Upton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クローズ」の解説

クローズ
Close, Upton

[生]1894
[]1960
アメリカの作家。本名 Joseph Washington Hall。 1917~22年極東通信員。極東の社会事情に通暁し,22~25年ワシントン大学で講義,中国,日本についての著述がある。放送局の特派員もしたが,右寄りの報道のため批判が多かった。主著白人の東洋支配の終焉を論じた『アジアの反乱』 The Revolt of Asia (1927) ,『挑戦-日本の素顔の下』 Challenge: Behind the Face of Japan (34) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵mini「クローズ」の解説

クローズ

高橋ヒロシ原作の少年マンガ。男子校での不良生徒たちの抗争を描き、1990年~98年まで「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載された。単行本は全26巻(外伝3巻)で、累計発行部数は4500万部超(2013年4月現在)。ゲーム、パチスロ、フィギュアなど多くの分野で商品化されている。映画は、「クローズZERO」(07年10月)、続編の「クローズZERO II」(09年4月)と続き、14年には「クローズEXPLODE」が公開予定。

(2013-4-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「クローズ」の解説

クローズ(close)

[名](スル)
店などが終業すること。また、上演などが終わること。「公演は月末でクローズする」⇔オープン
店じまいすること。「クローズセール」⇔オープン
休日天候不良などで、営業をしていないこと。
開いてあるものを閉じること。通路などを閉ざすこと。「ファイルクローズする」⇔オープン

クローズ(clause)

英文法で、それ自体に主語述語とを備えた、文の一部分
法律などの条項

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「クローズ」の解説

クローズ

高橋ヒロシによる漫画作品。喧嘩と遊びにあけくれる不良高校生たちの姿を描く。『月刊少年チャンピオン』1990年~1998年に連載。秋田書店少年チャンピオンコミックス全26巻+外伝3巻。2007年と2009年に、三池崇史監督により「クローズZERO」「クローズZERO II」のタイトルで映画化された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「クローズ」の解説

クローズ

〘名〙 (clause)
① 英文法で、節(せつ)。主語と動詞をそなえているが、独立した文とはならず、文の一部としての役目をはたすもの。
② 法律、条約、契約などの項目。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android