コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローロ

世界大百科事典 第2版の解説

クローロ【Karl Krolow】

1915‐
ドイツの詩人。ハノーファーに生まれ,ドイツ,フランス等の文学や哲学,美術史を修めたのち文筆生活に入る。詩的伝統と現代的表現手法の結合,および言葉の純化・明晰化を評価され,1956年ドイツ言語・文学アカデミーのビュヒナー賞を受け,72‐75年には同会長を務めるなど,戦後の西ドイツを代表する詩人の一人。レーマンWilhelm Lehmann(1882‐1962)等の影響下で感覚繊細な自然詩から出発し,ロルカ,オーデン,またフランスのシュルレアリスト(アポリネールエリュアール等)に接して全ヨーロッパ的視野を獲得するが,さらにそれらを超えて抒情詩のテーマ,表現手法の革新を一貫して追求,急変する現代とかかわりつつも“非アンガージュマン的・非政治的・非時事的”な詩を書いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クローロ
くろーろ
Karl Krolow
(1915―1999)

ドイツの詩人。ハノーバーの生まれ。初めはアイヒらの自然叙情詩の流れをくむ。第二次世界大戦によるすべての崩壊と意味喪失を見据え、G・ベンの晦渋(かいじゅう)で巧芸的な詩作の閉鎖反動的傾向に反対して、簡潔な比喩(ひゆ)に基づく「開かれた詩」を提唱、戦後の旧西ドイツの代表的詩人に数えられる。フランス超現実主義やスペインの詩の翻訳、また犀利(さいり)な批評も影響が大きい。『見えぬ手』(1962)、『ヘーゲルと秋のソネット』(1981)、『第二の時』(1995)など詩集多数。後年は物語も執筆。[高辻知義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クローロの関連キーワードレーマン(Wilhelm Lehmann)3月11日ピオンテク高辻知義

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android