コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローロ

3件 の用語解説(クローロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クローロ

ドイツの詩人。自然抒情詩の伝統を受けながら知的・実験的な表現を試み,第2次大戦後の詩壇を代表する一人。エッセーや評論も鋭い。
→関連項目ホルトゥーゼン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クローロ【Karl Krolow】

1915‐
ドイツの詩人。ハノーファーに生まれ,ドイツ,フランス等の文学や哲学,美術史を修めたのち文筆生活に入る。詩的伝統と現代的表現手法の結合,および言葉の純化・明晰化を評価され,1956年ドイツ言語・文学アカデミービュヒナー賞を受け,72‐75年には同会長を務めるなど,戦後の西ドイツを代表する詩人の一人。レーマンWilhelm Lehmann(1882‐1962)等の影響下で感覚繊細な自然詩から出発し,ロルカ,オーデン,またフランスのシュルレアリスト(アポリネールエリュアール等)に接して全ヨーロッパ的視野を獲得するが,さらにそれらを超えて抒情詩のテーマ,表現手法の革新を一貫して追求,急変する現代とかかわりつつも“非アンガージュマン的・非政治的・非時事的”な詩を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クローロ
くろーろ
Karl Krolow
(1915―1999)

ドイツの詩人。ハノーバーの生まれ。初めはアイヒらの自然叙情詩の流れをくむ。第二次世界大戦によるすべての崩壊と意味喪失を見据え、G・ベンの晦渋(かいじゅう)で巧芸的な詩作の閉鎖反動的傾向に反対して、簡潔な比喩(ひゆ)に基づく「開かれた詩」を提唱、戦後の旧西ドイツの代表的詩人に数えられる。フランス超現実主義やスペインの詩の翻訳、また犀利(さいり)な批評も影響が大きい。『見えぬ手』(1962)、『ヘーゲルと秋のソネット』(1981)、『第二の時』(1995)など詩集多数。後年は物語も執筆。[高辻知義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クローロの関連キーワードギーゼキングハイネハノーバーハノーバー朝サーファーノーファーストユーズハノーファー陸サーファー丘サーファー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クローロの関連情報