コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワゴ クワゴ Bombyx mandarina

3件 の用語解説(クワゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワゴ
クワゴ
Bombyx mandarina

鱗翅目カイコガ科のガ。前翅長 18~23mm。成虫,幼虫ともカイコガに似ているが,体翅ともに暗褐色で,前翅先端部は黒褐色である。成虫は6~7月に出現し,灯火に飛来する。幼虫はクワの葉を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クワゴ

鱗翅(りんし)目カイコガ科の1種。カイコの原種と考えられ,開張40mm内外,暗褐色。日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布。幼虫はクワの葉を食べ,カイコに似るがずっと暗色。
→関連項目養蚕

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クワゴ
くわご / 桑子
[学]Bombyx mandarina

昆虫綱鱗翅(りんし)目カイコガ科に属するガ。はねの開張35~40ミリメートル。はねは褐色あるいは灰褐色。前翅翅頂は出っ張り、翅頂から外縁の前半にかけて黒褐色紋がある。カイコの野生型とみなす学者もあるほど近縁で、雑種も容易につくることができ、しかも第一代雑種(F1)に妊性がある。日本本土の大部分と朝鮮半島や中国に分布する。幼虫もカイコとよく似ているが、紫色を帯びた黒色で、赤色と乳白色の紋がある。ヤマグワやクワの葉を食べ、6月下旬ごろに老熟し、灰白色の繭をつくって蛹化(ようか)する。クワ畑で発生しても、あまり多くないので、害虫として注目されることはない。成虫はよく灯火に飛来する。カイコと同様に口吻(こうふん)が退化しているので、幼虫時代に蓄えた養分によって交尾産卵する。カイコに対しクワコともよぶ。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クワゴの関連キーワードカノコガタバコガ衣蛾枯葉蛾蚕蛾虎蛾桑蚕広頭小蛾カイコ(蚕)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クワゴの関連情報