コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー The Goodyear Tire #amp; Rubber Co.

2件 の用語解説(グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー
グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー
The Goodyear Tire #amp; Rubber Co.

世界最大のゴムメーカーで,アメリカタイヤ市場ではトップメーカー。 1898年設立。当初は自転車のタイヤを製造していたが,自動車タイヤに進出して急成長。その後有力企業を買収して多角化をはかり,タイヤを中心に各種ゴム製品化学製品プラスチック製品などにも手を伸ばしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー
ぐっどいやーたいやあんどらばー
The Goodyear Tire & Rubber Co.

アメリカ最大のタイヤ・メーカー。主力事業はタイヤを中心にしたゴム製品、化学製品および一般工業用製品の開発・製造・流通・販売である。1898年、セイバーリングFrank A Seiberling(1859―1955)によってオハイオ州に設立された。加硫ゴムの発見者チャールズグッドイヤーの名を冠してはいたが、資本上の関連はまったくなかった。1910年にはグッドイヤー・タイヤ・アンドラバーカンパニー・オブ・カナダを設立するほか、1916年にはスマトラ島でゴムの自家栽培を始め、対外進出にも熱心だった。1990年には世界のタイヤ市場で同社のシェアが20%を占めるまでとなったが、同年にフランスミシュラン、アメリカのユニロイヤル、グッドリッチが統合されたことで、同社の販売占有率は世界第3位となった。しかし、1999年(平成11)2月、グッドイヤーは日本国内シェア第3位のタイヤ・メーカー住友ゴム工業ブランド名「ダンロップ」)との事業提携を発表。両社は、株式の相互持ち合い、技術交流、資材の共同購入、タイヤ事業の統合(日米欧に合弁会社設立)を柱に連合を組むことに同意した。これによりグッドイヤーは、両社合計22%という世界最大の市場シェアを確保することとなった。グッドイヤーは、アメリカ国内で42の工場をもち、世界の185か国以上に営業拠点をもつ。ゴム農園の経営も行い、2150以上のタイヤ小売・サービス店、供給施設を世界各地に所有するグローバル企業である。1998年の売上高は126億2630万ドル。世界のタイヤ市場は寡占化傾向のなかでの吸収合併が激しく、同社も企業リストラクチャリング、工場の統廃合などによる国際競争力の強化を図っている。日本においては、1952年(昭和27)に100%出資の日本法人として日本グッドイヤーが設立されている。[佐藤定幸・萩原伸次郎]

その後の動き

2009年の売上高は163億ドルであった。また、日本国内では1999年の業務提携に基づき、「グッドイヤー・ブランド」のタイヤを住友ゴム工業が生産し、日本グッドイヤー社が販売している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーの関連キーワードスペリオル湖アメリカンゲームメーカーパクスアメリカーナキーカーカーアメリカの夢アメリカの影アメリカン・ブランズ[会社]グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー[会社]B.A.T.インダストリーズ[会社]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーの関連情報