コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グヌンムル国立公園 グヌンムルコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

グヌンムル‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【グヌンムル国立公園】

Gunung Mulu National Park》マレーシア、ボルネオ島北西部、サラワク州にある国立公園。ムル山、アピ山、ブナラト山と周辺の熱帯雨林からなり、カルストが広がる。ディア洞窟、ラング洞窟をはじめ、巨大な洞窟が多く、コウモリやアナツバメが生息。ラン、ヤシのほか、ウツボカズラなどの食虫植物が多く自生する。2000年に世界遺産(自然遺産)に登録された。ムル山国立公園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

グヌンムルこくりつこうえん【グヌンムル国立公園】

マレーシアのボルネオ島の同国領にある、標高2377mのグヌンムル(ムル山)を中心とした、東京23区の面積に相当する544km2の国立公園。熱帯雨林に覆われた秘境で、ムル山の地下には、地殻変動によって造られた延べ195kmの洞窟群が広がっている。ジャングルを流れる川のクルーズやジャングルトレッキングが楽しめる。2000年11月に、サバ州キナバル国立公園とともに、マレーシア初の世界遺産として登録された。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

グヌンムル国立公園の関連キーワードサラワクチャンバーミリ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android