コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラニュライト granulite

世界大百科事典 第2版の解説

グラニュライト【granulite】

普通は石英,長石,輝石,ザクロ石などを主成分鉱物とする粒状組織(グラニュライト状組織)をもつ高度変成岩を指すが,広義にはグラニュライト状組織をもつ一般の変成岩にも用いられる。グラニュライト相の変成相に属するグラニュライトは,泥岩質の化学組成ならば一般に石英,正長石,斜方輝石,FeやMgに富むザクロ石,キン青石を主成分鉱物とし,玄武岩質の化学組成のときには,透輝石,斜方輝石,斜長石,ザクロ石,石英などを主成分鉱物とする岩石である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラニュライト

白粒岩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラニュライト
ぐらにゅらいと
granulite

白榴(はくりゅう)岩ともいう。元来は、石英や長石のように特別な晶癖(しょうへき)をもたない鉱物の、等粒かつ粒状の組織からなる変成岩のことであったが、いまではこの意味に使われることはほとんどない。そして、高い温度(700~800℃)で、かつ水に乏しい条件、つまりグラニュライト相の条件で生成した広域変成岩を総称するのが普通である。
 高温条件下では含水鉱物は不安定となって分解するため、典型的なグラニュライトは含水鉱物を含まない。たとえば、黒雲母(くろうんも)や普通角閃石は分解し、斜方輝石、カルシウム輝石、長石類などを生ずる。したがって、グラニュライトの主成分は、石英、カリウム長石、斜長石、斜方輝石、カルシウム輝石、ざくろ石、珪(けい)線石など、すべて水を含まない鉱物である。また、グラニュライトでは、元来無色であるはずの石英や長石が、しばしば青色、青緑色、褐色などに着色しているため、これらに富む珪長質の岩石でも、肉眼的には白色ないし淡灰色でなく、暗い色にみえる。
 グラニュライトは先カンブリア時代の岩石に多く、したがって楯状地(たてじょうち)に広く分布する。しばしば、エクロジャイトやアノーソサイトを伴う。また、陸地の下部地殻はグラニュライトからできているものと思われている。グラニュライトは変成岩と考えられているが、以前はその反対に、大部分が火成岩であると思われていた。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グラニュライトの関連キーワードグラニュロブラスティック大隅石(おおすみせき)シンプレクタイト組織角セン岩(角閃岩)カレドニア造山帯白粒岩状組織コンダライト苦礬ざくろ石寄木状組織普通角閃石パイロープ点紋花崗岩コランダム日高変成帯変成作用押し潰し環礁組織亜灰長石大隅石白榴岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android